交通

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』7号線編

ご覧いただきありがとうございます。

パリのメトロで最も駅数の多い7号線をご紹介します。

少しでも旅の参考になれたら嬉しいです!

目次

①7号線について

②おすすめポイントと路線案内

*『La Courneuve-8 Mai 1945(ラクールヌーヴ ユイ・メ・ミルヌフサンキャラントサンク)』(始発駅)

*『Luis Blanc(ルイ・ブラン)(サン・マルタン運河)最寄り駅

*『Gare de l'Est(ガール・ド・レスト)~東駅~主要ターミナル駅

*『Chaussée d'Antin-La Fayette(ショセ・ダンタン=ラ・ファイエット)(ギャラリー・ラファイエット)最寄り駅

*『Opéra(オペラ)(ガルニエ宮 ~オペラ座~)最寄り駅

*『Pyramides(ピラミッド)(ヴァンドーム広場)最寄り駅

*『Palais Royal-Musée du Louvre(パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デユ・ルーヴル)(ルーヴル美術館)最寄り駅

*『Châtelet(シャトレ)(シャトレ-レ・アール)(レ・アール)駅 接続

*『Jussieu(ジュシュー)』(パリ植物園)最寄り駅

*『Maison Blanche(メゾン・ブランシュ)分岐駅

*『Villejuif-Louis Aragon(ヴィルジュイフ=ルイ・アラゴン)分岐①終点

*『Mairie d'lvry(メリー・ディヴリー)分岐②終点

③最後に

④その他の路線

①7号線について

1910年にパリ中心部と北東部を結ぶ路線として開業した7号線は、1930年代にセーヌ川を渡りパリ南東部まで延長され、1980年代に入り南北共に郊外まで延長されました。

パリ北東部郊外の『ラ・クールヌーヴ-ユイ・メ・ミルヌフサンキャラントサンク』駅から、途中の 『メゾン・ブランシュ』駅で分岐し、南東部郊外の『メリー・ディヴリー』駅、『ヴィルジュイフ-ルイ・アラゴン』駅を南北に縦断する路線。

パリメトロで最も駅数が多いのが7号線です。

②おすすめポイントと路線案内

【路線図】

La Courneuve-8 Mai 1945(ラクールヌーヴ ユイ・メ・ミルヌフサンキャラントサンク)
始発駅

 

7号線の始発駅は、とっても長い駅名が印象に残ります。

(ラクールヌーヴ ユイ・メ・ミルヌフサンキャラントサンク)

日本の方には覚えるのにも一苦労しそうな駅名ですが、フランス語と数字の勉強になると思います。

駅周辺には、リーズナブルながらも割ときれいなホテルが点在しています。

Fort d'Aubervilliers(フォール・ドーベルヴィリエ)

Aubervilliers-Pantin-Quatre Chemins(オーベルヴィリエ=パンタン=キャトルシュマン)

Poret de la Villette(ポルト・ド・ラ・ヴィレット)

Corentin Cariou(コランタン・カリウー)

Crimée(クリメ)

Riquet(リケ)

Stalingrad(スターリングラード)
【乗り換え】M②⑤

1903年に開業した、10区と19区の境にある駅。

周辺には、サン・マルタン運河と、ラ・ヴィレット貯水池の結合点があります。

Louis Blanc(ルイ・ブラン)
【乗り換え】M⑦bis(サン・マルタン運河)最寄り駅

 

お散歩がてら、駅から約340メートルほど歩くと、サン・マルタン運河があります。

⇩パリっ子たちも集まるエリア。

パリのお洒落お散歩スポット『サン・マルタン運河』

Château-Landon(シャトーランドン)

Gare de l'Est(ガール・ド・レスト)~東駅~
【乗り換え】M④⑤、SNCF(国鉄)~主要ターミナル駅~

 

国際路線は、ドイツ、スイス、ルクセンブルクへ行くTGVが発着。

フランス国内は、ストラスブール、ナンシー、ランス、メスなどへの都市へ行けます。

Poissonnière(ポワソニエ―ル)

Cadet(カデ)

Le Peletier(ル・ペルティエ)

Chaussée d'Antin-La Fayette(ショセ・ダンタン=ラ・ファイエット)
【乗り換え】M⑨(ギャラリー・ラファイエット)最寄り駅

 

⇩ギャラリー・ラファイエットの屋上テラスがおすすめ!

ギャラリー・ラファイエットの屋上から眺めるエッフェル塔

Opéra(オペラ)
【乗り換え】M③⑧、RERⒶ(ガルニエ宮 ~オペラ座~)最寄り駅

 

ガルニエ宮(オペラ座)に隣接する駅。

 

駅の壁絵も楽しいのでチェックしてみて!

RERⒶ線『Auber(オーベール)』との乗り換えが可能です。

Pyramides(ピラミッド)
【乗り換え】M⑭(ヴァンドーム広場)最寄り駅

 

高級ブティックも並ぶヴァンドーム広場の最寄り駅。

⇩近くには、おススメの紅茶サロンやブーランジェリーもあります!

NINA’S (ニナス)マリーアントワネットで優雅なティータイム

パリのパン屋さん【ERIC KAYSER(エリック・カイザー)】

Palais Royal-Musée du Louvre(パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デユ・ルーヴル)
【乗り換え】M①(パレ・ロワイヤル広場、ルーヴル美術館 最寄り駅)

 

多くの観光客で賑わうルーヴル美術館の最寄り駅。

⇩パレ・ロワイヤル広場にも、おすすめスポットがあります!

パリ1区【カフェ・キツネ 】~Café Kitsuné Paris~

『フランス現代アーティスト(ダニエル・ビュラン)』ビュランの円柱&光の観測所

Pont Neuf(ポンヌフ)

Châtelet(シャトレ)
【乗り換え】M①⑪⑭、RERⒶⒷⒹ(シャトレ-レ・アール駅)M④(レ・アール駅)接続

 

二つの長い地下通路で(シャトレ-レ・アール駅)と(4号線のレ・アール駅)に繋がっていますので、多方面に乗り換えが可能です。

⇩駅周辺のおすすめスポット!

『agnès b(アニエス・ベー)』 パリ市内のお店巡り。

パリのパン屋さん【LA PARISIENNE(ラ・パリジェンヌ)】

Pont Marie(ポン・マリー)

Sully-Morland(シュリー・モルラン)

Jussieu(ジュシュー)
【乗り換え】M⑩(パリ植物園 最寄り駅)

 

駅から約400メートル歩くと『JARDIN DES PLANTES(パリ植物園)』へ行けます。

Place Monge(プラス・モンジュ)

Censier-Daubenton(サンシエ=ドバントン)

Les Gobelins(レ・ゴブラン)

Place d'ltalie(プラス・ディタリー)
【乗り換え】M⑤⑥

13区に位置する駅は、3路線が乗り入れる便利な駅で、周辺には宿泊施設も充実しています。

Tolbiac(トルビアック)

Maison Blanche(メゾン・ブランシュ)
【乗り換え】M⑭、分岐駅

 

【ヴィルジュイフ=ルイ・アラゴン】方面、【Mairie d'lvry(メリー・ディヴリー)】方面。

13区に位置する、この駅から2つに分岐します。

Le Kremlin-Bicêtre(ル・クレムラン=ビセートル)

Villejuif-Léo Lagrange(ヴィルジュイフ=レオ・ラグランジュ)
絵になる駅①

デザインがお洒落でフォトジェニックな駅。

Villejuif-Paul Vaillant-Couturier(ヴィルジュイフ=ポール・ヴァイヤン・クチュリエ)
絵になる駅②

隣のヴィルジュイフ=レオ・ラグランジュ駅同様に、綺麗でデザインがお洒落な駅。

Villejuif-Louis Aragon(ヴィルジュイフ=ルイ・アラゴン)
【終点】①

【分岐】『Maison Blanche(メゾン・ブランシュ)』から

Porte d'ltalie(ポルト・ディタリー)

Porte de Choisy(ポルト・ド・ショワジー)

Porte d'lvry(ポルト・ディヴリー)

Pierre et Marie Curie(ピエール・エ・マリー・キュリー)

Mairie d'lvry(メリー・ディヴリー)
【終点】②

7号線はここで終わりになります。

③最後に

駅数がとっても多い7号線ですが、観光の方は別の路線を使う事が多いかもしれません。

ちょっと奥まで乗車してみると、お洒落なデザインの駅が有ったりなどの発見もあります。

お時間に余裕がある方は、一度7号線にも乗車してみて下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

④その他の路線はこちらからどうぞ!
⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票クリックを入れていただけたら嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-交通

© 2022 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5