Paris 交通

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』5号線編

ご覧いただきありがとうございます。

少し歴史も感じられる『メトロ5号線』をご紹介します。

目次

①『5号線について』

②『路線案内とおすすめポイント』

*『Place d' Italie(プラス・ディタリー)』~始発駅~

*『Gare d'Austrrlitz(ガール・ドステルリッツ)』~フォトスポット満載の駅~

*『Bastille(バスティーユ)』~歴史を感じられる駅~

*『Rèpublique(レピュブリック)』~お散歩しながら、サン・マルタン運河方面へ~

*『Gare de l'est(ガール・ドゥ・レスト)パリ東駅』~主要ターミナル駅~

*『Gare du Nord(ガール・デユ・ノール)パリ北駅』~主要ターミナル駅~

*『Bobigny-Pablo Picasso(ボビニー=パブロ・ピカソ)』~終点~

③『最後に』

④『その他の路線』

①『5号線について』

パリ南東部の『プラス・ディタリー』駅から、パリの東寄りを南北に縦断し、北東部郊外に位置する『ボビニー=パブロ・ピカソ』駅までを結びます。

②『路線案内とおすすめポイント』

⇩『路線図』

Place d' Italie(プラス・ディタリー)

乗り換え【M⑥⑦】

 

13区の北部、イタリア広場に位置する駅。

駅前には、ショッピングモール『ITALIE DEUX』があり、生活するのにもとても便利な地域です。

⇩『ITALIE DEUX』

https://www.italiedeux.com/

Campo-Formio(カンポ・フォルミオ)

Saint-Marcel(サン=マルセル)

Gare d' Austerlitz(ガール・ドステルリッツ ~オステルリッツ~)

乗り換え【M⑩、RER©、SNCF(国鉄)】

 

フランス国鉄のパリにおける6つの主要駅のひとつでもある『オステルリッツ』駅。

南西部方面への発着と、RER©線の駅にもなります。

メトロ⑤号線は、駅舎から橋へ出る瞬間が絵になります。

駅以外にも、セーヌ川を渡る(オステルリッツ高架橋)もフォトスポットです!

⇩『オステルリッツ高架橋』

Quai de la Rapée(ケ・ド・ラ・ラペ)

Bastille(バスティーユ)

乗り換え【M①⑧】

 

5号線、ボビニー方面のホームには、かつてのバスティーユ牢獄の城壁の一部があらわになっている場所があります。

⇩『城壁の跡』

この駅では、世界中のお洒落人が集まるセレクトショップ『Merci』のある(サン=セバスチャン・フロワサール)方面への8号線に乗り換えが出来ます。

そして、1号線のホームにはフランス革命を描いた壁画があります。

⇩『1号線ホームの壁画』

それぞれのホームに歴史を感じられる部分がありますので、是非チェックしてみてください!

Bréguet-Sabin(ブレゲ=サバン)

Richard-Lenoir(リシャール・ルノワール)

Oberkampf(オベルカンフ)

乗り換え【M⑨】

11区北西部にある駅は、ヴォルテール大通り沿いに位置します。

駅名は付近を走る『オベルカンフ通り』にちなんで付けられていますが、通りの名前はドイツ出身の印刷業者(クリストフ=フィリップ・オベルカンフ)からきています。

オペラ、イエナ、ポルト・ド・サン=クル方面への9号線に乗り換えが出来ます。

République(レピュブリック)

乗り換え【M③⑧⑨⑪】

メトロ5路線が利用できる駅。

3区、10区、11区の境にあるレピュブリック広場に位置します。

⇩『レピュブリック広場』

サン・マルタン運河方面へお散歩するのも、おすすめの駅です。

Jacques Bonsergent(ジャック・ボンセルジャン)

Gare de l'est(ガール・ドゥ・レスト)

乗り換え【M④⑦、SNCF(国鉄)】

国際路線は、ドイツ、スイス、ルクセンブルクへ行くTGVが発着。

 

フランス国内は、ストラスブール、ナンシー、ランス、メスなどへの都市へ行けます。

Gare du Nord (ガール・デュ・ノール)

乗り換え【M④、RERⒷⒹ、SNCF(国鉄)、RERⒺ(マジェンダ駅)】

パリ主要ターミナル駅のひとつ。

シャルル・ド・ゴール空港へアクセスできるRERⒷ線、リール、ダンケルクなどへ向かう高速列車TGVなどが発着します。

ラッシュ時は、特に多くの人が行きかいますので、手荷物やポケットには十分注意が必要です。

 

国際路線では、イギリス(ロンドン)に行くユーロスター、ベルギー、ドイツ、オランダへ行くタリスが発着します。

Stalingrad(スターリングラード)

乗り換え【M②⑦】

10区と19区の境界に位置する駅。

サン・マルタン運河とラ・ヴィレット貯水池が近隣にあります。

Jaurès(ジョレス)

乗り換え【M②】

この駅も、10区と19区の境界に位置する駅。

前駅と同様に、サン・マルタン運河とラ・ヴィレット貯水池が近隣にあります。

Laumière(ロミエール)

Ourcq(ウルク)

Porte de Pantin(ポルト・ド・パンタン)

Hoche(オッシュ)

Église de Pantin(エグリーズ・ド・パンタン)

Bobigny-Pantin-Raymond Queneau(ボビニー=パンタン=レイモン・キュノー)

Bobigny-Pablo Picasso(ボビニー=パブロ・ピカソ)

乗り換え【T①】(終点)

 

高層建物や、公共施設、集合住宅のある地区に位置する駅。

セーヌ=サン=ドニ県庁、警察署、裁判所、商工会議所、県議会などの最寄り駅になります。

③最後に

 

オステルリッツ高架橋でセーヌ川を渡り、サン・マルタン運河の西を沿うように北上し、バスティーユ広場、レピュブリック広場、東駅、北駅と主要ターミナル駅も経由しながら、北東部の郊外へ向かう5号線。

観光客の方は、あまり乗らない路線かもしれませんが、駅の所々に歴史を感じられる部分があったりと、また少し違う視点でパリのメトロを堪能できます。

パリ旅の際は、ちょっと頭の片隅にでも入れておいていただけたらなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

④その他の路線

⇩『こちらからどうぞ』

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』1号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』2号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』3号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』3bis線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』4号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』6号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』7号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』7bis線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』8号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』9号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』10号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』11号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』12号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』14号線編

⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票クリックを入れていただけたら嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-Paris, 交通

© 2022 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5