Paris お土産、食材

『美味しいフランスバターの世界』Part②

ご覧いただきありがとうございます。

美味しいバターが数多く揃うフランス。

前回の『美味しいフランスバターの世界』Part①では、(エシレ)(ボルディエ)など、日本でもよく知られているバターをご紹介しました。

Part②では、日本では手に入りにくいバターも含め、お土産にもおすすめしたい『フランスバター』を厳選してご紹介します。

後半は、フランスバターを使った『簡単お菓子レシピ』も掲載していますので、宜しければチャレンジしてみて下さい!

目次

①『Le Gall(ル ガール)』有塩

②『Isigny(イズニー)』有塩(粗塩)

③『CHARENTES POITOU(シャラント・ポワトゥー)』無塩

*(クッキー作り レシピ)

*(パウンドケーキ作り レシピ)

*(ホットケーキ作り レシピ)

④『最後に』

①『Le Gall(ル ガール)』有塩

『Le Gall(ル ガール)』バターは、ブルターニュ地方フィ二ステール県に工場を持つ乳製品メーカー『Sill(シル)』社が手がけるバターです。

フィ二ステール県は、降水量が多く、寒暖差も少ない気候で、豊かな牧草地が広がる地域です。

高品質な乳製品が採れ、バターの右下にある灯台マークは、ブルターニュ産の素材を現地で加工した商品にのみ認められている『産地認定証』マークです。

最高のバターを作り続けるため、酪農、牛乳採取、バター作り、販売までを一貫して同社内で行うフランス唯一のブランドです。

そんな『ル ガール』のバターの中から、おすすめしたいのが『DEMI-SELL(有塩バター)』です。

 

ブルターニュ地方は塩の産地でもあります。

ル ガールの有塩バターは、見た目は一見シンプルですが、塩っ気が強めですのでバゲットやトーストとの相性が抜群です!

モノプリなどでお安く購入が出来ます。

日本ではあまり馴染みの無いバターは、お土産にもおすすめです。

②『Isigny(イズニー)』有塩(粗塩)

イズニー社は、フランス・ノルマンディー地方にある乳製品メーカーです。

口溶けが良く、ミルクの甘みと豊かな香りが広がる極上のバターは、世界各国で高い評価を得ています。

『イズニーAOP発酵バター(DEMI SELL)』

   

黄色みの強いイズニーのバター最大のおすすめポイントは、魔法の粒とも言われる『粗塩』です。

塩のうま味が凝縮された濃厚なバターは、思わずそのまま食べてしまいたくなるくらいの美味。

ミルクの風味も強く、所々に現れる粗塩は絶品です!

その粗塩も『ゲランドの塩』が使われているのです。

日本では少々価格が上昇しましたが、成城石井さんやNET通販で取り扱いがあります。

(私は会員ではないのですが、コストコでもイズニーバターが購入出来るみたいです。)

是非チェックしてみてください!

③『CHARENTES POITOU(シャラント・ポワトゥー)』無塩

『CHARENTES POITOU(シャラント・ポワトゥー)』は(美味しいフランスバターPart①)のブログでご紹介した『Sel de Mer(セル・ドゥ・メール)』も手がけている、グランフェルマージュ社のAOPバターです。

エシレバターでもお馴染みの産地(ポワトゥー=シャラント産)の発酵バターは、豊かな風味、まろやかな口溶けで、バゲットやトーストは勿論なのですが、ここでご紹介している『DOUX(無塩バター)』は、クッキー作りなどお菓子作りや、ホットケーキ、パウンドケーキにもおすすめのバターです。

★クッキーつくり

材料(24枚分)

【粉類】薄力粉70g、ベーキングパウダー小さじ1/4

【てんさい糖(グラニュー糖)】25g

【シャラント・ポワトゥー】無塩25g

【牛乳】小さじ2

【抜き型用の強力粉】少々

【抜き型】お好みの物

①下準備

*バターを室温に戻し柔らかくしておく。

*粉類は合わせて振るっておく。

*天板にオーブン用シートを敷く。

*オーブンを170℃に温め始める。

②生地を作る

*バターをボールに入れ、泡だて器で白っぽくクリーム状になるまでまぜる。

*てんさい糖を加え、よくすり混ぜる。

*てんさい糖が少しざらついているうちに、牛乳を小さじ1ずつ加えてよく混ぜ合わせる。

*ゴムべらで底から返しては押さえつけ、粉とバターを合わせていく。

*生地を四角形にまとめ、30㎝四方くらいのラップ2枚で挟んでから包み、冷蔵庫で15分生地を落ち着かせる。

③型を作って焼く

*ラップを広げて生地を挟んだまま上からめん棒を転がして厚さ2mmにのばす。

*抜き型の先に強力粉をつけ、生地を抜いて天板に並べる。

(お好みで文字を入れてみても可愛いです)

 

*170℃のオーブンで10分焼き、表と裏に薄い焼き色がついたら焼き上がり。

 

ちょっと可愛く包んでプレゼントしてみたり、お家のおやつとして袋にまとめて保存して、ちょっとした時間につまんでみたり出来ます。

 

余計なものは一切入れない素朴な味わいのクッキーです。

宜しければ、お家時間のひと時にチャレンジしてみて下さい!!

 

★パウンドケーキ作り

材料(18×8×6.5㎝のパウンド型1台分)

【粉類】薄力粉90g、ベーキングパウダー小さじ1/4、

【シャラント・ポワトゥー】無塩100g

【てんさい糖(グラニュー糖)】90g

【卵】2個

【アーモンドパウダー】40g

【パウンド型】18×8×6.5㎝のブリキ製(焼き込むごとに使いやすくなります)

①下準備

*バターを室温に戻し柔らかくしておく。

*粉類は合わせ、2回振るっておく。

*卵は2個のうち1個を、卵黄と卵白にわけておく。

*型にパラフィン紙を敷き込む。

*オーブンを170℃に温め始める。

②生地を作る

*ボールにバターを入れてハンドミキサーでふんわりとするまで混ぜ、てんさい砂糖を加えてさらによく混ぜ、全体が空気を含んで分量が増え、持ったりとするまで2分くらい混ぜる。

*卵を1個加えてよく混ぜ、馴染んだら卵黄1個分を加えて混ぜる。残りの卵白1個分は2回に分けて加え、その都度十分に混ぜ合わせる。卵を分けて加えることで生地が分離しません。

*アーモンドパウダーを加え、泡立て器に替えて十分に混ぜ合わせる。

*粉類の1/2の量をもう一度ふるいながら加えて今度はゴムべらで混ぜ、残りの粉類も同様に加え、さっくりと混ぜ合わせる。

⇩型に生地を移し、ゴムべらで表面をならす。

*170℃のオーブンに入れ、5分焼いたらいったん取り出し、中央に竹串で筋を1本付ける!!

こうすると膨らんだ時に確実にここからはじけ、焼き上がりが綺麗になります。

オーブンに戻してさらに40~45分焼き、中央に竹串を刺して何も付いてこなければ焼き上がり。

粗熱が取れたら型から外し、パラフィン紙を剥がして完全に冷まします。

 

大きさはお好みで切り分けます。

個別に包装して、お客様にお出ししても可愛いと思います。

 

紅茶やコーヒーのお供に、是非チャレンジしてみて下さい!

 

★ホットケーキ作り

材料(7枚分)

【粉類】薄力粉125g

【ベーキングパウダー】6g

【てんさい糖(グラニュー糖)】25g

【卵】Mサイズ1個

【卵黄】Mサイズ1個

【牛乳】120cc

【無塩バター(シャラント・ポワトゥー)】50g

①下準備

*薄力粉とベーキングパウダーをボールに振るう。

*バターを室温に戻し柔らかくしておく。

②生地を作る

*薄力粉と、てんさい糖、卵を混ぜ合わせる。

*牛乳を半分だけ入れて、さらに混ぜる。

*均一の堅さになったら、残り半分の牛乳を入れてよく混ぜ合わせる。(ダマの無いなめらかな状態がベスト!)

*バターを入れて混ぜ合わせたら、生地の完成。(生地は完成したら、ベーキングパウダーが反応しなくなる前にすぐ焼くようにしましょう!)

③フライパンで焼く

*フライパンを温めてから生地を流します。

(お子様向けに、キャラクターなどのしてみても可愛いです)

 

短時間に済ませたいときに便利な、素朴な味わいの簡単ホットケーキレシピ。

短時間に済ませたい時におすすめですので、是非お試し下さい!

 

Part②のブログは、全て体に優しい『てんさい糖』のレシピでしたが、グラニュー糖でもOKです。

④最後に

日本では(エシレバター)が特に人気で認知されていると思いますが、本ブログでもご紹介しました(イズニー)もクリスタル岩塩がとっても美味しく日本でも購入できますので、気になられた方は是非一度ご賞味してみて下さい!

(ル ガール)(シャラント・ポワトゥー)は、フランス土産にリーズナブルに購入できるバターとしておすすめです。

フランスは、スーパー、百貨店とたくさんの種類のバターが揃っています。

思わず悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれませんので、そんな時に本ブログが少しでもお役に立てましたら嬉しいです!

フランスでも日本でも、是非『美味しいフランスバターの世界』を楽しんでみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい!
⇩【ランキングに参加しています】

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

応援の1票クリックを入れていただけると嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-Paris, お土産、食材

© 2022 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5