Lifestyle Paris

『美味しいフランスバターの世界』Part①

フランスには美味しいバターがたくさん。

目移りしちゃうくらい種類が豊富でパッケージもお洒落!!

そんなフランスバターの中から、今回は特にお勧めの3種類をそれぞれの特徴や、お菓子作りのレシピなどを交えながらご紹介していきます。

目次

①Grand Fermage 『Sel de Mer』グラン・フェルマージュ(セル・ドゥメール)

②ÉCHIRÉ 『Beurre d' ÉCHIRÉ』エシレ(エシレ・バター)

*エシレバターを使ってクッキー作り

*エシレバターを使ってパウンドケーキ作り

③BORDIER『LE BEURRE BORDIER』ボルディエ氏の手作りバター

④最後に

①Grand Fermage 『Sel de Mer』グラン・フェルマージュ(セル・ドゥ・メール)

セル・ドゥ・メールの一番の特徴は天然海塩の粗塩が練り込んであることです。

この粗塩が最高に美味しいくて、バゲットとの相性が抜群!!

発酵バター、粗塩、バゲットが相まって、お口いっぱいに旨味が広がってくれます。

美味しさの秘密は、豊富なミネラルを含んでいるフランス大西洋ノア・ムーティエ島産の『Fleur de sel(フルール・ド・セル)塩の花』と呼ばれる最高級の粗塩です。

お塩の旨味をダイレクトに味わいたい方には一押しのバターです!!

わが家では、バゲットに合うバターランキング『1位』で何年も手放せない1品になっています。

日本では、身近なところで成城石井さんや通販でも買うことが出来ます。

宜しければ、是非一度味わってみて下さいませ。

②ÉCHIRÉ 『Beurre d' ÉCHIRÉ』エシレ(エシレ・バター)

日本でもお馴染みのエシレバター。

乳製品の産地フランス中西部、『エシレ村』で作られているクリーミーでとっても美味しい発酵バターです。

エシレバターの特徴は、クリームを発酵させて作っているので、軽い酸味と香り高いところ。

パンからお菓子作りまで、1ランクレベルを上げてくれて幅広く活躍してくれるバターです。

有塩バターはパンに、無塩バターはお菓子やケーキ作りなどにおすすめです。

クッキー作り

⇩エシレバターを使ったわが家のレシピです。宜しければお家時間にチャレンジしてみて下さい!!

 

材料(24枚分)

【粉類】薄力粉70g、ベーキングパウダー小さじ1/4

【グラニュー糖】25g

【エシレバター】無塩25g

【牛乳】小さじ2

【抜き型用の強力粉】少々

【抜き型】お好みの物

①下準備

*バターを室温に戻し柔らかくしておく。

*粉類は合わせて振るっておく。

*天板にオーブン用シートを敷く。

*オーブンを170℃に温め始める。

②生地を作る

*バターをボールに入れ、泡だて器で白っぽくクリーム状になるまでまぜる。

*グラニュー糖を加え、よくすり混ぜる。

*グラニュー糖が少しざらついているうちに、牛乳を小さじ1ずつ加えてよく混ぜ合わせる。

*ゴムべらで底から返しては押さえつけ、粉とバターを合わせていく。

*生地を四角形にまとめ、30㎝四方くらいのラップ2枚で挟んでから包み、冷蔵庫で15分生地を落ち着かせる。

③型を作って焼く

*ラップを広げて生地を挟んだまま上からめん棒を転がして厚さ2mmにのばす。

*抜き型の先に強力粉をつけ、生地を抜いて天板に並べる。

(お好みで文字を入れてみても可愛いです)

*170℃のオーブンで10分焼き、表と裏に薄い焼き色がついたら焼き上がり。

 

ちょっと可愛く包んでプレゼントしてみたり、お家のおやつとして袋にまとめて保存して、ちょっとした時間につまんでみたり出来ます。

 

余計なものは一切入れない素朴な味わいのクッキーです。

宜しければ、お家時間のひと時にチャレンジしてみて下さい!!

パウンドケーキ作り

⇩素材の味わいが存分に楽しめるパウンドケーキレシピです。

材料(18×8×6.5㎝のパウンド型1台分)

【粉類】薄力粉90g、ベーキングパウダー小さじ1/4、

【エシレバター】無塩100g

【きび砂糖】90g

【卵】2個

【アーモンドパウダー】40g

【パウンド型】18×8×6.5㎝のブリキ製(焼き込むごとに使いやすくなります)

①下準備

*バターを室温に戻し柔らかくしておく。

*粉類は合わせ、2回振るっておく。

*卵は2個のうち1個を、卵黄と卵白にわけておく。

*型にパラフィン紙を敷き込む。

*オーブンを170℃に温め始める。

②生地を作る

*ボールにバターを入れてハンドミキサーでふんわりとするまで混ぜ、きび砂糖を加えてさらによく混ぜ、全体が空気を含んで分量が増え、持ったりとするまで2分くらい混ぜる。

*卵を1個加えてよく混ぜ、馴染んだら卵黄1個分を加えて混ぜる。残りの卵白1個分は2回に分けて加え、その都度十分に混ぜ合わせる。卵を分けて加えることで生地が分離しません。

*アーモンドパウダーを加え、泡立て器に替えて十分に混ぜ合わせる。

*粉類の1/2の量をもう一度ふるいながら加えて今度はゴムべらで混ぜ、残りの粉類も同様に加え、さっくりと混ぜ合わせる。

⇩型に生地を移し、ゴムべらで表面をならす。

*170℃のオーブンに入れ、5分焼いたらいったん取り出し、中央に竹串で筋を1本付ける!!

こうすると膨らんだ時に確実にここからはじけ、焼き上がりが綺麗になります。

オーブンに戻してさらに40~45分焼き、中央に竹串を刺して何も付いてこなければ焼き上がり。

粗熱が取れたら型から外し、パラフィン紙を剥がして完全に冷まします。

 

大きさはお好みで切り分けます。

⇩端っこは味見も兼ねて、ご自分で食べて良いかもです(笑)

 

個別に包装して、お客様にお出ししても可愛いと思います。

 

エシレバターの風味が美味しいパウンドケーキでした。

お家時間が増える昨今ですが、紅茶やコーヒーのお供にチャレンジしてみて下さい!!

エシレバターは、優秀なパティシエから三ツ星シェフまで愛されているだけあり、高い品質と美味しさを証明しているバターです。

③BORDIER『LE BEURRE BORDIER』ボルディエ氏の手作りバター

フランスへ行ったら、是非おススメのバターがこのボルディエバターです。

ボルディエのバターは3日間かけて丁寧に手作りされています。

一つ一つ木べらを使って手作業で成形されるバターは、ジャン・イヴ・ボルディエ氏のバターに対する想いがダイレクトに伝わってきます。

定番の有塩バターは、1番最初にご紹介した『セル・ドゥメール』とはまた違い、大きめの塩が入っているのは同じなのですが、不思議とじゃりじゃりはしません。

そして、ミルクのような口当たりがクセになり一度食べたら止められなくなるくらい美味しい、ブルターニュ地方サンマロで作られる最上質の搾乳バターです。

フランスから持ち帰る時は、包まれている紙が直ぐに水分で濡れてしまうので帰国ギリギリに購入し、保存袋に入れてから保冷バッグに入れて持ち帰ることをおススメします。

一流ホテルから三ツ星レストランまで幅広く愛されている、ボルディエさんの心のこもった手作りバターでした。

④最後に

フランスには、美味しいバターが豊富です。

他にもたくさん美味しいバターが有りますが、今回ご紹介の3つのバターは何年経っても飽きずに、また食べたくなるバターなので自信を持っておすすめ出来ます。

機会がございましたら是非お試しくださいませ。

次回は、日本ではあまり知られていないバターを、第二弾としてご紹介する予定ですので見て頂けたら嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

⇩【ランキングに参加しています】

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

応援の1票を入れていただけると嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-Lifestyle, Paris

© 2021 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5