Paris 交通

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』1号線編

ご覧いただきありがとうございます。

パリの主要スポットを走る『メトロ1号線』をご紹介します。

おすすめポイントも交えながら、乗換案内も掲載していますのでパリ旅の参考になれたら嬉しいです。

目次

①【1号線について】

②【おすすめポイントと路線案内】

La Défense(ラ・デファンス)『グランダルシュ(新凱旋門)』最寄り駅

Porte Maillot(ポルト・マイヨ)『パレ・デ・コングレ』最寄り駅

Charles de Gaulle-Étoile(シャルル・ド・ゴール・エトワール)『エトワール凱旋門』最寄り駅

Franklin D. Roosevelt(フランクラン・D・ルーズヴェルト)『セリーヌ本店』『クリスチャン・ディオール本店』最寄り駅

Champs-Élysées-Clemenceau(シャンゼリゼ=クレマンソー)『グランパレ』最寄り駅

Concorde(コンコルド)『コンコルド広場』最寄り駅

Tuileries(チュイルリー)『チュイルリー公園』最寄り駅

Palais-Royal-Musée du Louvre(パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル)『ルーヴル美術館、パレ・ロワイヤル広場』最寄り駅

Louvre-Rivoli(ルーヴル=リヴォリ)『ルーヴル美術館』最寄り駅

Châtelet(シャトレ)『シャトレ・レ・アール駅、レ・アール駅』連絡

Hôtel de Ville(オテル・ド・ヴィル)『パリ市庁舎、BHV』最寄り駅

Saint-Paul(サン=ポール)『ブリング・フランス・ホーム』最寄り駅

Bastille(バスティーユ)『バスティーユ広場、セッスン』最寄り駅

Gare de Lyon(リヨン)『ターミナル駅』

Château de Vincennes(シャトー・ド・ヴァンセンヌ)『ヴァンセンヌの森』最寄り駅

③【最後に】

④【その他の路線】

①【1号線について】

『ラ・デファンス=グランダルシュ』駅から、『シャトー・ド・ヴァンセンヌ』駅までを東西に結ぶ路線。

観光客の利用頻度も多い路線で、混雑する場合が多いので、手荷物や貴重品には注意が必要です。

 

②【おすすめポイントと路線案内】

【1号線 路線図】

 

La Défense(ラ・デファンス)

『乗り換え:RERⒶ線トラム、トランシリアンⓁⓊ『グランダルシュ(新凱旋門)』最寄り駅

 

Sortie1を出ると『新凱旋門』が現れます。

 

新凱旋門からは、一直線上に『エトワール凱旋門』を見ることが出来ます。

 

近隣には『LES QUATRE TEMPS(大型SC)』もありますので、お買い物も楽しめます。

⇩『ラ・デファンスにつきましては、こちらで詳しくご紹介しています』

『ラ・デファンス』パリ近郊の都市再開発地区

Esplanade de La Défense(エスプラネード・ラ・デファンス)

Pont de Neuilly(ポン・ド・ヌイイ)

Les Sablons(レ・サブロン)

Porte Maillot(ポルト・マイヨ)

【乗り換え:RER©】 『Palais des Congrès de Paris(パレ・デ・コングレ)』最寄り駅

 

『パレ・デ・コングレ』は、17区に位置する国際会議場。

高層ホテルやショッピングセンターも併設されています。

Agentine(アルジャンティーヌ)

Charles de Gaulle-Étoile(シャルル・ド・ゴール・エトワール)

【乗り換え:M②⑥RERⒶ『エトワール凱旋門』最寄り駅

 

駅を出ると『シャンゼリゼ通り』『エトワール凱旋門』近くに出ます。

George V(ジョルジュ・サンク)

Franklin D. Roosevelt(フランクラン・D・ルーズヴェルト)

【乗り換え:M⑨

   

駅周辺のモンテーニュ通りには『セリーヌ本店』『クリスチャン・ディオール本店』など、高級ブランドの本店が軒を連ねます。

Champs-Élysées-Clemenceau(シャンゼリゼ=クレマンソー)

【乗り換え:M⑬『Grand Palais(グランパレ)』最寄り駅

 

パリ8区の大規模展覧会場、美術館『グランパレ』の最寄り駅になります。

Concorde(コンコルド)

【乗り換え:M⑧⑫『コンコルド広場』最寄り駅

 

駅を出れば目の前には『コンコルド広場』。

『チュイルリー公園』にも面しています。

Tuileries(チュイルリー)

『チュイルリー公園』最寄り駅

 

パリ市民や観光客の憩いの場『チュイルリー公園』。

⇩『チュイルリー公園につきましては、こちらで詳しくご紹介しています』

パリの憩いの場『チュイルリー公園でのんびり時間』

Palais-Royal-Musée du Louvre(パレ・ロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル)

『乗り換え:M⑦『ルーヴル美術館、パレ・ロワイヤル庭園』最寄り駅

アートなデザインが特徴的な駅。

名前の通り『ルーヴル美術館』が最寄り駅ですが、『パレ・ロワイヤル広場』もおすすめのスポットです!

⇩『パレ・ロワイヤル広場につきましては、こちらで詳しくご紹介しています』

フランス現代アーティスト【ダニエル・ビュランの世界】

Louvre-Rivoli(ルーヴル=リヴォリ)

『ルーヴル美術館』最寄り駅②

こちらからも『ルーヴル美術館』には行けますが、メインエントランスは『パレロワイヤル=ミュゼ・デュ・ルーヴル』駅が近いです。

美術館のような駅は、一見の価値あり!

Châtelet(シャトレ)

【乗り換え:M④⑦⑪⑭RERⒶⒷⒹ

1区と4区にまたがる【シャトレ駅】は、長い通路で繋がれた構造になっていて『④号線(レ・アール駅)』『RER(シャトレ・レ・アール駅)』に連絡しています。

Hôtel de Ville(オテル・ド・ヴィル)

【乗り換え:M⑪『パリ市庁舎、BHV』最寄り駅

   

パリ市庁舎『オテル・ド・ヴィル』は、ルネッサンス様式とベル・エポック様式が混在する美しい作りの建物は見るだけでも価値あり!

隣接する『BHV』でお買い物や飲食もおすすめです。

Saint-Paul(サン=ポール)

『ブリング・フランス・ホーム』最寄り駅

 

トリコロール好きには、是非おすすめの雑貨屋さん『ブリング・フランス・ホーム』の最寄り駅。

(MADE IN FRANCE)を扱う、こだわりの雑貨屋さん。

陽気で気さくな店員さんが迎えてくれます!

⇩『おすすめの(ブリング・フランス・ホーム)はこちらで詳しくご紹介しています』

パリのお洒落雑貨屋さん『Bring France Home』

Bastille(バスティーユ)

【乗り換え:M⑤⑧『バスティーユ広場、セッスン』最寄り駅

 

マルセイユ発のお洋服『セッスン』の路面店がおすすめです!

⇩『セッスンのお洋服につきましては、こちらで詳しくご紹介しています』

『Sessùn(セッスン)』マルセイユ発 フレンチファッション

Gare de Lyon(リヨン)

【乗り換え:M⑭RERⒶⒹ、トランシリアンⓇ】

主要ターミナル駅のひとつでもある『パリ・リヨン』駅は、12区セーヌ川の右岸に位置しています。

 

フランス中部の主要都市(リヨン)、ブルゴーニュ地方の(ディジョン)、南フランスの(マルセイユ)(ニース)(モンペリエ)、フランシュ・コンテ地方(ブザンソン)に向かう【TGV(高速鉄道)】、フランス中部への在来線、パリ近郊へのトランシリアンR線、『イタリア(ミラノ)』、『スイス(ジュネーヴ)(ローザンヌ)(ベルン)(チューリッヒ)』への国際列車が発着します。

Reuilly-Diderot(ルルイ=ディドロ)

【乗り換え:M⑧

Nation(ナシオン)

【乗り換え:M②⑥⑨RERⒶ

   

『RERⒶ線』に乗り換えれば『ラ・ヴァレ・ヴィラージュ』や『ディズニーランド・パリ』に行けます。

Porte de Vincennes(ポルト・ド・ヴァンセンヌ)

『乗り換え:T③a、b

Saint-Mandé(サン=マンデ)

Bérault(べロー)

Château de Vincennes(シャトー・ド・ヴァンセンヌ)

【終着駅】『ヴァンセンヌの森』最寄り駅

 

観光スポットとしておすすめの、ヴァンセンヌの森。

広大な森の中に佇む『ヴァンセンヌ城』は一見の価値ありです。

12世紀に建造された古城は、ルイ14世がハネムーンに訪れたと言われています。

王族が利用したりもしましたが、要塞としてその後使用されるなど、様々な歴史を刻んできたお城です。

ゆっくりと眺めながら歴史を感じてみるのも良いかと思います。

 

③【最後に】

『1号線』は、(ルーヴル美術館)(凱旋門)(チュイルリー公園)(コンコルド広場)(バスティーユ広場)(ヴァンセンヌの森)など、多くの観光地も通るので観光客にはとても便利な路線になります。

という事も有り、車内は混雑する時間帯もありますので、観光客を狙ったスリグループには要注意です!

手荷物はなるべくコンパクトにして脇か前に抱え、ポケットなどにも十分注意して下さい。

集団に囲まれて話しかけられても無視して、ご自分の荷物に集中して下さい!

『1号線』に限らず、パリメトロは常に隙は見せないようにしてください。

とは言え、楽しいパリ巡り、気を張りすぎず十分に気を付けていれば大丈夫です。

パリ旅を楽しんでいただき、素敵な思い出を作って頂ければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

④【その他の路線】

⇩『こちらからどうぞ!!』

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』2号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』3号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』3bis線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』4号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』5号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』6号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』7号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』7bis線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』8号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』9号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』10号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』11号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』12号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』13号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』14号線編

⇩ランキングに参加しています。

 

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票を入れていただけたら嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-Paris, 交通

© 2024 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5