お土産、食材

『LA GRAND EPICERIE DE PARIS』ボンマルシェ食品館①

ご覧いただきありがとうございます。

グルメに特化したバラエティー豊かな品揃えが魅力のボンマルシェの食品館。

『LA GRAND EPICERIE DE PARIS(ラ・グラン・エピスリー・ド・パリ)』

本ブログは、これまでに購入した商品の中から厳選したおすすめ商品を中心にご紹介します。

Part①は、お土産にも喜ばれる『バター』『お菓子』『キャラメル』です。

少しでもパリ旅の参考になれたら嬉しいです。

目次

☆LA GRAND EPICERIE DE PARIS(ラ・グラン・エピスリー・ド・パリ)

BEUREE(バター)

*『LE BEUREE BORDIER(ボルディエ)』

*『Sel de Mer(セル・ドゥ・メール)』

*『ISIGNY(イズニー)』

*『ÉCHIRÉ(エシレ)』

② gâteau(お菓子)

*『Bonne Maman(ボンヌママン)』

*『St Michel(サンミッシェル)』

*『LU(リュ)』

*『Le chocolat des Français(ル・ショコラ・デ・フランセ)』

*『AFCHAIN(アフシャン)

*『ANGELINA(アンジェリーナ)』

③caramel( キャラメル)

*『La Maison d' Armorine(メゾン・ド・アルモリン)』

④Part-1のまとめ

LA GRAND EPICERIE DE PARIS

 

『LA GRAND EPICERIE DE PARIS(ラ・グラン・エピスリー・ド・パリ)』には、フランスの食材以外にも世界中から厳選された食材が揃います。

2013年の新装オープン以来、地元の方や観光客で賑わう人気のスポットです。

⇩【各フロアの構成】
1F(日本の2階)キッチン雑貨
0F(日本の1階)食品
-1F(日本の地下1階)ワイン

 

0F(日本の1階)食品

広大な食品売り場には、エントランスを入ると、お土産にピッタリなフランス菓子、紅茶、バター、コンフィチュールコーナーなどに始まり、マルシェをイメージした新鮮な野菜や果物の生鮮食品コーナー、数々の調味料やブーランジェリーなどが揃います。

 

①BEURRE(バター)

フランスバターは種類も豊富でとっても美味しいので、ご家族やご友人へのお土産におすすめ。

保冷BAGと容器を持参して、出来れば最終日の前日に購入し、冷蔵庫で出発ギリギリまで保管するのが良いです。

LE BEUREE BORDIER(ボルディエ)

伝統的な製法で完成までに72時間をかけ、一つ一つ木べらで作るのも特徴のボルディエバター。

お口の中でスッと溶けて、滑らかな食感とクリーミーさは、最高の口どけが味わえます。

(包んでいる紙が繊細なので水分が染み出しやすく、お持ち帰りに注意が必要ですが、それでも購入する価値のあるバターです。)

 

パン以外にも、クッキーやパウンドケーキなどのお菓子作りに使うのもおすすめ!

素材の違いがダイレクトに分かるので、きっと楽しいお菓子作りになると思います。

Sel de Mer(セル・ドゥ・メール)

 

グランフェルマージュ社のセル・ドゥ・メールは、豊富なミネラルを含んだ『フルール・ド・セル(塩の花)』と呼ばれる海塩(大き目の粗塩)が練り込まれています。

ジャリッとした食感の塩は、お口いっぱいに旨味が広がります。

バゲットに合わせるバターとしてイチ押し!!

2017年には、フランス農業コンクールで金賞を受賞した極上のバターです。

ISIGNY(イズニー)

  

良質なミルクにゲラントの塩(粗塩)が練り込まれた濃厚なバターは、口どけが良く粗塩の深い味わいとミルクの風味と豊かな香りが見事にマッチしています。

セル・ドゥ・メール同様、ミネラルがたっぷりと入ったバターです。

『ÉCHIRÉ(エシレ)』

日本でもお馴染みのエシレ。

芳醇な香りとクリーミーな口当たりが特徴のバターです。

⇩ フランスバターについて、詳しくはこちらのブログでもご紹介しています。

美味しい『フランスバターの世界』

②gâteau(お菓子)

バリエーションが豊富なフランス菓子。

見た目も可愛くて、お土産にもピッタリなおすすめをご紹介します。

『Bonne Manan(ボンヌママン)』

日本でもお馴染みのボンヌママン。

フランスでは、とってもお安く購入出来て種類もたくさん!

 

せっかくなので、お土産には日本で購入が難しい商品がおすすめ。

⇩『マドレーヌ(シトロン)』

 

イチ押しのマドレーヌシトロン味。

レモンの爽やかさとマドレーヌの美味しさが相まって、絶妙な美味しさです!

⇩『パウンドケーキ』

チョコレートがマーブル状に練り込まれた美味しいガトーマーブルパウンドケーキ。

ずっしりと重たくて食べ応えも抜群です。

⇩『ワッフル』

おやつ感覚で手軽に食べれるシンプルで美味しいワッフルです。

⇩『チョコレートクッキー』

たっぷりと入ったチョコレートが美味しくて病みつきになります。

その他には、サクサクのタルトシリーズなどもおすすめ。

⇩『ミニジャムセット』

お菓子では有りませんが、小さなジャムと蜂蜜がセットになったセットも可愛いのでお土産にピッタリです。

たくさんのボンヌママンから、お気に入りを探してみて下さい!!

St Michel(サンミッシェル)

 

フランス産の厳選された素材とシンプルで優しいレシピのお菓子類。

素朴な味がとっても美味しい『サンミッシェル』

リーズナブルなので、多めに購入したい時などにもおすすめ。

保存料や着色料などを一切使っていないので安心です。

⇩『パルミエ&ガレット』

 

可愛いパルミエや、定番のガレットはお土産にピッタリ!

⇩『一口サイズのガレット』

 

見た目も優先なら、可愛いイラストのパッケージに入った小さなサイズのガレットも良いと思います。

⇩『パウンドケーキ』

 

ずっしりと重たい、チョコレートパウンドケーキは食べ応え手抜群!

ご自分へのご褒美でいかがでしょうか。

LU(リュ)

可愛いパッケージが印象的な『LU(リュ)』

日本ではあまり知られていませんが、1846年に地方都市ナントで創業した歴史あるメーカーです。

⇩LULU(ルル)

袋には、それぞれ違う5種類の小熊がデザインされています。

 

袋を開けると、お子様も喜びそうな小熊が!

シンプルに美味しいマドレーヌのような焼き菓子です。

⇩Petit Beurre(プチブール)

サクサクとした食感のバタービスケットも、シンプルな味わいでおすすめ。

エールフランスの機内でも採用されている美味しいビスケットです。

『LU(リュ)』も、サンミッシェル同様とてもリーズナブルですので是非チェックしてみて下さい!

『Le chocolat des Français(ル・ショコラ・デ・フランセ)』

お洒落でアートなパッケージが魅力的!!

数あるチョコレートの中でも、お洒落さは群を抜いています。

見た目だけではなく、厳選されたカカオ豆を使い、保存料なども一切使用しない上質な味わいのチョコレート。

少しお値段は張りますが、ちょっと良い物お土産としておすすめします。

『AFCHAIN(アフシャン)』

 

1830年創業のベルギーとの国境に近いカンブレーの老舗お菓子メーカー。

トリコロール好きには是非チェックして頂きたい『AFCHAIN(アフシャン)』のキャンディ。

可愛い缶は、食べ終わったら小物入れに出来ます。

『ANGELINA(アンジェリーナ)』

可愛らしいイラストが目を引く、アンジェリーナのショコラ缶。

小さなサイズなので、ちょっとしたお土産にピッタリです。

アフシャン同様、可愛い缶はに小物入れとして使えます。

③caramel(キャラメル)

フランスには美味しいキャラメルがたくさんあります!!

種類も豊富なので思わず迷ってしまうかも知れませんが、ボンマルシェでのおすすめは『メゾン・ド・アルモリン』です。

『La Maison d' Armorine(メゾン・ド・アルモリン)』

ブルターニュ地方の伝統的な塩バターキャラメル。

⇩『Crème de Salidou(クレーム・ド・サリドゥ)』

ゲラントの塩と、キブロン産の発酵バターを使用したクリーミーで濃厚な塩バターキャラメルは、アイスクリーム、ワッフル、パンケーキ、クレープなど様々なトッピングに使えます。

キャラメルといっても、柔らかいクリーム状なので使いやすいのが特徴。

滑らかな口どけは高級感のある美味しさで、一度味わうと病みつきになるかもしれません。

⇩一口サイズの塩バターキャラメル

 

トリコロールの包みとイラストが可愛い一口サイズの塩バターキャラメル。

ゲラントの塩がジャリッと所々に入っていて、絶妙な塩加減とキャラメルの濃厚な甘さが絶品!

ひとつ食べだすと止まらなくなるくらい美味しいです。

④Part-1のまとめ

フランス土産におすすめの『バター』『お菓子』『ジャム』『キャラメル』。

日本で購入するとなるとビックリするくらい高いので、頂いた方はきっと喜んでくれると思います。

どれもフランスではとってもお安く購入出来ますので、お土産以外に、ご自宅用にもたくさん購入してみてはいかがでしょうか。

Part①のブログが、少しでも参考になれたなら嬉しいです。

次回、Part②は『蜂蜜』『紅茶』『ボンマルシェのエコバッグ』を中心にご紹介しますので、合わせて見て頂けたら嬉しいです。

素敵なパリ旅が出来ますように!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

『LA GRAND EPICERIE DE PARIS(ラ・グラン・エピスリー・ド・パリ)』

【住所】38 Rue de Sévres, 75007 Paris

【営業時間】(月-土)10:00~20:00、(日)11:00~20:00

【最寄り駅】メトロ10,12号線『Sèvres-Babylone(セーブル・バビロヌ)』駅下車すぐ。

⇩『LA GRAND EPICERIE DE PARIS RIVE GAUCHE』公式サイト

https://www.lagrandeepicerie.com/fr/rive-gauche

⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票クリックを入れていただけたら嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-お土産、食材

© 2021 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5