Paris 交通

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』13号線編

ご覧いただきありがとうございます。

小さな美術館や教会、蚤の市など、見どころ満載の路線『メトロ13号線』をご紹介します。

目次

①『13号線について』

②『路線案内とおすすめポイント』

*『Basilique de Saint-Denis(バジリック・ド・サン=ドニ)』サン=ドニ大聖堂 最寄り駅

*『Saint-Denis-Porte de Paris(サン=ドニ・ポルト・ド・パリ)』スタット・ド・フランス 最寄り駅

*『La Fourche(ラ・フルシュ)』北西方面と北東方面から来る13号線の合流駅

*『Saint-Lazare(サン・ラザール)』ターミナル駅【パリ北西部、ノルマンディー地方方面】 乗り換え

*『Miromesnil(ミロメニル)』ジャックアンドレ美術館 最寄り駅

*『Champs-Élysées-Clemenceau(シャンゼリゼ=クレマンソー)』エリゼ宮 最寄り駅

*『Duroc(デュロック)』ブールデル美術館 最寄り駅

*『Montparnasse-Bienvenueüe(モンパルナス=ビヤンヴニュ)』ターミナル駅【ブルターニュ地方、レンヌ方面】乗り換え

*『Porte de Vanves(ポルト・ド・ヴァンヴ)』ヴァンヴ蚤の市 最寄り駅

③『最後に』

④『その他の路線』

①『13号線について』

パリの北『アニエール=ジュヌヴィリエ=レ・クルティーユ』駅と『サン=ド二=ユニヴェルシテ』から延びる分岐線が合流し、パリの中心街を南へと進みながら、市外の『シャティヨン=モンルージュ』駅までを結びます。

この路線には、パリで有名な蚤の市のひとつ(ヴァンヴ蚤の市)の最寄り駅『Porte de Vanves(ポルト・ド・ヴァンヴ)』駅があります。

②『路線案内とおすすめポイント』

⇩『路線図』

北西方面(始発)

Asnières-Gennevilliers-Les Courtilles(アニエール=ジュヌヴィリエ=レ・クルティーユ)

北西方面・始発駅

パリ北西のラ・ルドゥート大通り、リュシアン・ランテル二エ大通りが交わる場所に位置する、13号線の始発駅。

Les Agnettes(レジャネット)

Gabriel Péri(ガブリエル・ぺリ)

Mairie de Clichy(メリー・ド・クリシー)

Porte de Clichy(ポルト・ド・クリシー)

乗り換え【M②】

8区、9区、17区、18区の境にある駅。

2号線(近隣のモンマルトル方面)に乗り換えが出来ます。

Brochant(ブロシャン)

(至)『La Fourche(ラ・フルシュ)』駅 ~北方面からの列車と合流~

 

北東方面(始発)

Saint-Denis-Université(サン=ドニ=ユニヴェルシテ)

北東方面・始発駅

 

パリの北、サン=ドニ北部に位置する、もう一つの始発駅。

近くには(パリ第8大学)があります。

Basilique de Saint-Denis(バジリック・ド・サン=ドニ)

【サン=ドニ 大聖堂】最寄り駅

歴代のほとんどのフランス王が眠る墓所として有名な『サン=ドニ 大聖堂』は、駅から3分ほど歩いた所にあります。

ステンドグラスが美しい大聖堂は、一度は訪れていただきたいおすすめスポットです!

⇩『Basilique de Saint-Denis(サン=ドニ 大聖堂)』

他の教会同様に露出の高い服装はNG、帽子などは外すのがマナーです。

信者の方がお祈りに訪れる神聖な場所ですので、大声でしゃべったりするのもNGです。

   

【入場】無料

【オーディオガイド】(1名:4ユーロ)(2名:6ユーロ)英語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語に対応しています。

Saint-Denis-Porte de Paris(サン=ドニ=ポルト・ド・パリ)

【スタッド・ド・フランス】最寄り駅

98年フランスワールドカップが開催された『Stade de France (スタッド・ド・フランス)』の最寄り駅。

RERⒷ線『La Plaine-Stade de France(ラ・プレーヌ・スタッド・ド・フランス)』駅からも、スタジアムは徒歩圏内です。

⇩『Stade de France(スタッド・ド・フランス)』

圧巻のスケール。

フランス代表のサッカーと言えばココ!

98年地元フランスがワールドカップで優勝した時は、大変な盛り上がりを見せました。

 

シャルル・ド・ゴール空港から車でパリ市内へ向かう高速の途中からもご覧いただけます。

スタジアムが見えてきたら、旅行者の皆様はもうすぐパリ市内です!

Carrefour Pleyel(カルフール・プレイエル)

Mairie de Saint-Ouen(メリー・ド・サン=トゥアン)

Garibaldi(ガリバルディ)

Porte de Saint-Ouen(ポルト・ド・サン=トゥアン)

Guy Môquet(ギー・モケ)

La Fourche(ラ・フルシュ)

【北西、北東方面】分岐駅

北西方面(アニエール=ジュヌヴィリエ=レ・クルティーユ)、北東方面(サン=ドニ=ユ二ヴェルシテ)から来る2つの13号線は、この駅で合流します。

Place de Clichy(プラス・ド・クリシー)

乗り換え【M②】

 

8区、9区、17区、18区の境界に位置する駅。

駅名の由来は、地上にあるクリシー広場にちなんで名づけられています。

⇩『Place de Clichy(クリシー広場)』

Liège(リエージュ)

Saint-Lazare(サン・ラザール)

乗り換え【M⑫⑬⑭、RERⒺ、SNCF(国鉄)】

パリ・主要ターミナル駅の一つ『サン=ラザール』駅。

⇩『パリ北西部への乗り換えが中心で、ノルマンディー地方に向かう長距離列車も発着します。』

 

北駅に次ぐ利用客の多いターミナル駅は、常に多くの人で賑わいます。

Miromesnil(ミロメニル)

乗り換え【M⑨⑬】ジャックマール・アンドレ美術館 最寄り駅

8区に位置する『ミロメニル』駅は(ジャックマール・アンドレ美術館)や(香水大博物館)の最寄り駅です。

⇩『Mesée Jacquemart-André(ジャックマール・アンドレ美術館)』

Champs-Élysées-Clemenceau(シャンゼリゼ=クレマンソー)

【エリゼ宮殿】最寄り駅

駅から歩いて3分ほどで、フランスの最重要拠点『エリゼ宮』へ行けます。

シャンゼリゼ大通りをゆっくりとお散歩するなら、この駅から歩くのがおすすめです!

⇩『Palais de I'Élysée(エリゼ宮殿)』

Invalides(アンヴァリッド)

乗り換え【M⑧、RER©】

メトロの駅は、旧アンヴァリッド駅舎の南側に位置します。

⇩『アンヴァリッドの旧駅舎』

現在は『AIR FRANCE(エールフランス)』航空の施設として使われています。

Varenne(ヴァレンヌ)

Saint-François-Xavier(サン=フランソワ=グザビエ)

Duroc(デュロック)

乗り換え【M⑩】ブールデル美術館 最寄り駅

6区、7区、15区の境に位置する『デュロック』駅。

彫刻家『アントワーヌ・ブールデル』の美術館が徒歩圏内です。

⇩『Musée Bourdelle(ブールデル美術館)』

 

Montparnasse-Bienvenüe(モンパルナス=ビヤンヴニュ)

乗り換え【M④⑥⑫、SNCF(国鉄)】

パリ主要駅のひとつ『モンパルナス』駅。

 

SNCF(国鉄)の西部、南西部へ向かう始発駅でもあります。

ブルターニュ地方や、レンヌ、モンサンミッシェルなどへの『TGV(高速鉄道)』はモンパルナス駅から出発します。

モンパルナスには、美味しいガレット屋さんがたくさんあります。

⇩『Josselin(ジョスラン)』

おすすめのガレット屋さんです!

【ジョスラン】パリで味わうブルターニュの本格ガレット

Gaîté(ゲテ)

Pernety(ペルヌティ)

Plaisance(プレザンス)

Porte de Vanves(ポルト・ド・ヴァンヴ)

乗り換え【T③】ヴァンヴ蚤の市 最寄り駅

 

②番出口を出ると『Marchéaux puces』の看板が見えます。

矢印の方向に向かい、歩いて3分程で『Marchéaux puces Vanves(ヴァンヴ蚤の市)』に行けます。

⇩『ヴァンヴ蚤の市』

 

流行ではなく、お気に入りを大切にし、自分スタイルを満喫するパリジェンヌたち。

モノを大切に愛用し、長く使い続けるフランス文化。

パリでも週末開催される(蚤の市)で古いものの魅力に出会うことができます!

数ある(蚤の市)の中でも、パリ中心からのアクセスも良く、蚤の市の雰囲気を存分に味わえる『ヴァンヴ蚤の市』は、初めての方におすすめです!

Malakoff-Plateau de Vanves(マラコフ=プラトー・ド・ヴァンヴ)

Malakoff-Rue Étienne Dolet(マラコフ=リュ・エティエンヌ・ドレ)

Châtillon-Montrouge(シャティヨン=モンルージュ)

【終点】

13号線の終着駅。

近隣には、テラスや庭園を併設するお洒落なゲストハウスなどが点在します。

③最後に

小さな美術館や蚤の市にアクセスできるメトロ『13号線』。

きっとパリ旅のお役に立ってくれる路線だと思います。

パリ旅メトロブログ『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』ブログは、今回の13号線にて全線完結しました。

皆様のパリ旅に、ほんの少しでも私のブログがお役に立てたらとっても嬉しいです。

ガイドブックには載っていないファッション情報や、おすすめスポット、ちょっとマニアックな場所など、ほかの沿線も是非チェックしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

④その他の路線

見出しタイトル

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』1号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』2号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』3号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』3bis線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』4号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』5号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』6号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』7号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』7bis線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』8号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』9号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』10号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』11号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』12号線編

『パリ旅でメトロを乗りこなそう!』14号線編

⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票クリックを入れていただけたら嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-Paris, 交通

© 2022 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5