お洒落な革靴『イギリス編』

イギリスには、お洒落で歴史の深い高級靴ブランドが多数有ります。

そんな数ある英国伝統の靴ブランドの中から、比較的買いやすくてお洒落な『3ブランド』をご紹介していきます。

共通して言える事は、コストパフォーマンスに優れている事と、長い歴史の中で培われた技術と安心感です。

では、早速ご紹介していきます。

『目次』

①【Tricker's】トリッカーズ

*『バートン』ウイングチップ

*『モルトン』ウイングチップブーツ

*『お勧めソールのメリット&デメリット』

*『簡単なお手入れ』

②【Church's】チャーチ

*『タータンチェックウイングチップ』

③【Clarks】クラークス

*『定番デザートブーツ』

【最後に】

 

『Tricker's』

イギリス(ノーサンプトン)にて1829年に創業し、イギリス王室チャールズ皇太子御用達の紋章も掲げられる由緒あるブランドです。

厳選された素材と技術で、1点1点丁寧に作られ職人さんの想いがたっぷりと詰まった高級靴。

そのトリッカーズの中から、特にお勧めの2モデルのご紹介です。

『BOURTON』バートン

抜群のパフォーマンスを誇るウイングチップの一押しシューズです。

写真に載せている『MARRON』マロンカラーは、履き込んでメンテナンスを繰り返していくと、とても味わいのある雰囲気に変化していきます。

⇩『飽きの来ないデザインは、カジュアルからドレススタイルまで幅広く対応できる万能シューズです』

 

カジュアルスタイルにはタータンチェックソックスを合わせると、よりブリティッシュな雰囲気に。

⇩『奥様やパートナー様には、レディースモデルもお勧めです』

ドット柄やチェック柄の可愛いスカートと合わせると、クラシックな雰囲気を楽しむ事が出来ます。

『BOURTON』バートンは、シーズンレスで様々なスタイリングに使えるので1足有ると重宝する靴になります。

『MALTON』モルトン

ウイングチップのブーツバージョンです。

⇩『バートン同様、幅広いスタイリングに使えて、冬には足首を暖かく包み込んでくれます』

 

ドレッシーさも備えつつ、丈夫さも兼ね備えているのでガシガシ履いても大丈夫です!!

こちらの画像も『MARRON』マロンカラーで掲載しました。

経年変化で味わいが出てくる色で、まるでアンティークの様な絶妙な色になってくれますのでお勧めの色になります。

『お勧めソールのメリット&デメリット』

トリッカーズでは、同じモデルでもソールで選べるのも嬉しい所!!

そこで、カジュアル&ドレススタイルに使える、お勧めの2種類に絞りました。

『Dainite』ダイナイトソール

ダイナイトソールは、英国(ハルボロ・ラバー社)で作られるラバーソールの事です。

表向きはドレッシーな雰囲気のまま雨にも強く丈夫なので一押しのソールです。

『メリット』

*日本の気候に適していて、見た目はドレッシーでグリップ力も有って雨に強い。

『デメリット』

*レザーソールに比べて見た目で多少ドレッシー感に劣る。

『Leather』レザーソール

レザーソールは見た目の高級感が魅力。

『メリット』

*高級感が有り、足なじみが良く、歩いた時のカツカツ音が一番きれい。

『デメリット』

*雨に弱く、滑りやすいうえに、すり減りが早いのでソールの交換時期が早い。

【トリッカーズでは、以上2種類のソールがお勧めです。】

私は、雨にも強い所で安心して履ける(ダイナイトソール)を履く率が高いので一押しのお勧めですが、レザーソールも足なじみが良いポイントも有りますので、お好みで使い分けてみるのも良いと思います。

『簡単なお手入れ』

汚れを落として、クリームを塗って布で磨いてあげるの繰り返しで十分に綺麗な艶を出せます!!

クリームに関しては特にこだわりは無いのですが、使っているのは画像の『M.MOWBRAY』か『WOLY』になります。

磨く布は、私の場合ですが、最初に買った靴用の布が汚れてしまった後は、インナー用Tシャツで着なくなった物を捨てる前に、小さくカットして『磨き用』として使ってから捨てます。

なので白いコットンであれば何でも大丈夫ですので、捨てる前のコットンなども有効活用してみるのも良いかと思います。

⇩今回ご紹介の2モデルは、カジュアルからドレススタイルまで、幅広いスタイリングに使える最強アイテムです。

コストパフォーマンスにも優れ、高級感もあり、丈夫でデザインも良し!!

『ドレススタイル&カジュアルスタイル』どちらにも対応出来るうえ、ソールの安定感も抜群な靴。

カラーバリエーションも豊富で、スタイリングに合わせて選べる色の幅が広い所も嬉しいポイントです。

おすすめポイント満載のトリッカーズでした。

『Church's』

『タータンチェックウイングチップ』

チャーチは、トリッカーズと同じイギリス(ノーサンプトン)にて1873年に創業。

ドレッシーな英国靴は、プレーントゥやストレートチップなど定番靴のほかに、スタッズやチェック柄など可愛い靴にも注目したいブランドです。

⇩『タータンチェックが可愛い、ザ・ブリティッシュ的な靴も魅力!』

 

⇩『定番靴とは違う、ちょっとした可愛いポイントも!』

 

⇩ソールは、オリジナルのラバーソールで滑りにくく雨の日も安心です。

 

デニムとの相性が抜群で、足元がブリティッシュで可愛い雰囲気になります。

メンズ、レディースともに、定番以外でも魅力たっぷりのチャーチです。

 

③『Clarks』

『定番デザートブーツ』

クラークスは、歴史も深く1825年にイギリス南西部(ストリート)にて創業。

まず思い浮かぶのが、長年愛され続けていて不動の地位を築いているデザートブーツ。

このサンドベージュとクレープソールのシューズは、カジュアルな中にも上品さを兼ね備えています。

メンズ、レディースともに幅広い層の方々が、一度は目にした事があるのではないかなと思います。

何故かいつの時代のファッションシーンにもはまってしまう不思議な魅力を持ったブーツです。

 

そんな長年愛され続けているデザートブーツは、1足有るときっと重宝すると思います。

 

④『最後に』

ズバリ英国靴の一押しは『トリッカーズ』です。

デザイン、値段など全てのバランスが揃っています。

そこに、ちょっとお洒落なデザイン物のチャーチや、定番のクラークスのブーツが有れば、更にスタイリングの幅も広がっていきます。

トリッカーズとクラークスで定番を見て、チャーチでデザイン物を探すなんて見方をしてみるのも面白いと思いますので宜しければ色々と探してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お洒落な革靴『アメリカ編』

⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

応援の1票を入れていただけると嬉しいです。


靴・スニーカーランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-

© 2021 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5