Fashion 洋服

【Barbour(バブアー)】お洒落英国アウター

ご覧いただきありがとうございます。

イギリスのお洒落アウター【Barbour(バブアー)】。

日本では少し珍しいモデルとロンドンのお店をご紹介します。

目次

①【はじめに】

イギリスで歴史のあるアウトドアを主力にする衣料品メーカーの『Barbour(バブアー)』は、1894年イングランドの北東部サウス・シールズにて『ジョン・バブアー』氏により創業。

ワックスドクロス製の防水ジャケットは耐久性だけではなく、ファション性をも兼ね備えています。

英国王室御用達でもあり、ロイヤルファミリーの方々がとても上品でお洒落に着こなしていることに私はとても影響を受けました。

そこで今回は、定番とは少し違う目線でバブアーの魅力をお伝えしていきます。

後半は『イギリスで出会った日本では珍しいモデル』と『ロンドンのお店の写真』も交えながらご紹介します。

イギリス・ロンドン旅の参考に、少しでもなれたら嬉しいです。

 

②【BEDALE(ビデイル)】ウールタータン ~Men's~

人気モデル『BEDALE』ビデイルの英国羊毛ウール版

『Barbour(バブアー)』と言えば、まずワックスドクロスを思い浮かべる方が多いと思います。

今回ご紹介の『ウール版』は、ワックスドクロスの独特のぬめり感もなくサラッとしていますので、ワックスドクロスはちょっと苦手かなぁなんて方に是非おススメしたいのが『ウール版』です!

ワックスドクロスモデルよりもキレイ目なイメージなので、ジャケットの上から羽織っても都会的な雰囲気でお洒落に決まります。

もちろんアウトドアスタイルでも大活躍しますので一石二鳥の便利アイテムです。

⇩『BEDALE(ビデイル)』嬉しいポイントは袖部分!

内側にリブの袖が付いているので、風を防いでくれる嬉しい仕様です。

防寒部分もしっかり考えられています。

ウイングチップの革靴を合わせると『英国トラッドスタイル』の雰囲気が増して、お洒落にまとまります。

『BEDALE(ビデイル)』は、きれい目スタイルから、カジュアルスタイルまで幅広く使える万能アウターです。

(英国羊毛ウール版)はチェックだけではなく、無地や別注モデルなどもございます。

オイルドクロスほどのバリエーションはございませんが、お気に入りの1着が見つかれば、きっと永く愛用出来るアウターになると思います。

 

③【London】イギリスモデル ~Women's~

イギリスには、日本で見かけたことのないお洒落なバブアーがたくさんあります

ロンドンの路面店で出会ったこのモデルは、とっても凝っている『ウィメンズ』のおススメモデルです!

『ワックスドクロス』の表地に(裏地がボーダー柄)になっています。

 

『Barbour(バブアー)』が創業した【イングランド『サウス・シールズのロゴと灯台』のプリント】、【第一ボタンと左袖にも『サウス・シールズの灯台』】が施されています。

ネック周りにも灯台のテープが貼り付けてあったり、ファスナースライダーやボタンが1カ所だけ赤だったりと、細かい部分がとても凝っているモデルです。

袖の裏には、コーデュロイの別布が張り付けてあるので暖かくなっています。

フードはボタンで簡単に取り外せます。

『Barbour(バブアー)』のウィメンズモデルは、雨の日に『HENTER(ハンター)』のレインブーツがよく合います。

雨の日に、レインコート代わりになるのも『オイルドクロス』の強みです。

ロンドンの路面店】コべントガーデン店

レンガ作りのお洒落な建物の中に入ると『ヴィンテージ商品ディスプレイ』を見ることが出来て、『Barbour』の歴史を肌で感じることが出来ます。

 

昔のネームやレトロなイラストなども見れ、ちょっとした博物館的な感じで、『Barbour(バブアー)』が好きな方には是非見ていただきたいコーナーです。

 

楽しい路面店の店内には、日本ではお目にかかれないモデルが多数ございます。

今回紹介しているモデルも、この路面店にて出会いました。

『Barbour(バブアー)』好きの方は、きっとここでお気に入りの1着に出会えると思います!

ワンちゃんの可愛い『Barbour(バブアー)』も買えます!

【Barbour】コヴェントガーデン店

【住所】WC2E 9AA London Covent Garden 134 Long Acre, St Martins Courtyard

【最寄り駅】『Covent Garden(コベントガーデン)』駅

【ハロッズのインショップ】

⇩『インショップにも心ときめくバブアーがたくさん。』

 

マリンな物から、綺麗なカラーで裏地が凝っているモデルまで日本では見たことのない商品がたくさん!!

『ハロッズ』に行く機会がございましたら、きっと珍しいモデルに出会えると思いますので、こちらも是非一度立ち寄ってみて下さい。

【HARRODS】ハロッズ

【住所】87-135 Brompton Rodo, Knightsbridge, London SW1X 7XL

【最寄り駅】『Knightsbridge(ナイツブリッジ)』駅

 

④【最後に】

イギリスのジェントルマンが、乗馬やハンティング、フィッシングなどに装って一時代を築き、今ではアウトドアだけではなく都会のファッションシーンにも欠かせないアウターになりました。

イギリス王室御用達の『Barbour(バブアー)』。

かつてダイアナ妃が『バブアー』を着こなし、現在ではキャサリン妃がお洒落に『バブアー』を着こなし、王室でも欠かせないアウターになっています。

ロンドンでは若者からご老人まで、みんなが大好き!!

寒い時期に入ると、街中で『バブアー』を着た人たちに何人も出会えるほど大切にされています。

日本のファッションシーンにも合うアウターは、1着所有していると重宝しますのでおすすめいたします。

バリエーションも豊富ですので、是非お気に入りの1着を見つけてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

⇩【ランキングに参加しています】

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!

皆様の暖かい応援が日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票クリックを入れていただけると嬉しいです。


ファッションランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-Fashion, 洋服

© 2024 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5