お洒落な革靴『フランス編』

前回のイギリス編に続き、フランスにも、お洒落で歴史の深い高級靴ブランドがたくさん有ります。

今回は数ある伝統ブランドの中から、比較的買いやすく機能的でお洒落な『Paraboot』パラブーツに、バレーシューズの『repetto』レぺット、そして最後にとっても値ごろ感のある『KLEMAN』クレマンの3ブランドに絞り、コーディネートを交えながらご紹介していきます。

『目次』

①『Paraboot』パラブーツ

*『CHAMBORD』シャンボード

*『MICHAEL』ミカエル

*『MICHAEL LAPIN』ミカエル ラパン

*『MORZINE』モジーン

*『REIMS』ランス

*『ARLES』アルル

*『LANGEAIS』ランジ

②『repetto』レぺット

*『Zizi』ジジ

③『KLEMAN』クレマン

*『PADRE』パドレ

④『簡単なお手入れ』

⑤『最後に』

 

①『Paraboot』

パラブーツは自社でラバーソールを製造している世界で唯一のブランド。

このオリジナルのラバーソールが、日本の気候にも適していて雨が降っても安心して履ける最強のポイントです。

ご紹介していくモデルに共通して言える嬉しいポイントは、ソールとアッパーが二重のステッチで縫い付けられているので、防水性が高く雨が入りにくい事です。

ソールの減りも遅いので長く履ける所も嬉しいポイントになります。

では、今回6モデルのお勧めポイントを交えながらご紹介していきます。

『CHAMBORD』シャンボード

日本では特に人気の高いモデルのシャンボード。

コロッとしたフォルムがこのモデルの特徴で、履き込んでいくうちに、Uチップ部分が程よく反り返ってきて足に馴染んできます。

買ったばかりの時は、マットなレザーですがクリームを塗って磨いていくと徐々に艶が出てきます。

⇩外羽根Uチップのベーシックデザインは、カジュアルからドレススタイルまで幅広く使えるところが最大の魅力です。

⇩『ネイビーカラー』をデニムに、『マロンカラー』をスラックスにスタイリング

 

デニムに『マロン』、スラックスに『ネイビー』でも合います。

⇩レディ―スモデルは、紐部分に可愛い飾りが付いています。

 

チェックのスカートに合わせてみましたが、パンツでベーシックに合わせてみたり、ワンピースに合わせても可愛いです。

『ソール』

メンズ

『PARATEX』パラテックス・・・R,Pの文字が特徴で、内部に空気を含ませる構造によりクッション性のある履き心地。

レディ―ス

『GRIFFⅡ』グリフ・・・波型のパターンが特徴で、屈曲性に優れグリップ力が高い。

 

ここまでは、パラブーツの定番中の定番『シャンボード』のご紹介でした。

『MICHAEL』ミカエル

メンズ、レディ―スともに同じくらいの人気を誇るチロリアンシューズ『MICHAEL』ミカエル。

シャンボードとはまた違う、ぽってりとした可愛いフォルムが特徴です。

⇩カジュアルとドレスの中間的なシューズで幅広いスタイリングに使えます。

ミカエル独特のデザインであるU字型のモカシン縫い部分が存在感たっぷり。

履き込んでいくうちに、U字部分が程よく反り返ってくれて味わいのある雰囲気に変化していく事が楽しめます。

⇩可愛いソックスから、無地のソックスまで何でも合ってしまうのもミカエルの嬉しいポイント。

 

⇩レディ―スモデルはチェックのスカートとも相性抜群。

フレンチとブリティッシュのMIXスタイルもお勧め。

『ソール』 

メンズ

『MARCHEⅡ』マルシェ・・・パラブーツの中ではシンプルなデザイン型のソール。

レディ―ス

『GRIFFⅡ』グリフ・・・波型のパターンが特徴で、屈曲性に優れグリップ力が高い。

 

魅力満載のミカエルでした。

『MICHAEL LAPIN』ミカエル ラパン

モフモフが愛くるしくて可愛い!!

ミカエルのレディ―スモデルには、こんなに可愛いモデルも有ります。

ラビットファーを甲部分にあしらった何とも言えない可愛さが全開のシューズ。

⇩足元から愛くるしさ満載です!!

   

レディースモデルは、ちょっとしたアレンジが何とも可愛いです。

定番の中にも、メンズと差を付けるパラブーツのこだわりが伝わってきます。

モフモフ可愛いミカエルラパンでした。

『MORZINE』モジーン

 

ミカエルに似ているデザインの『モジーン』は、ミカエルよりも前のモデルでパラブーツの歴史の中で、最古のモデルと言われています。

圧倒的にミカエルが多い世の中で、このモジーンは、こだわりのセレクトショップなどで別注を請け負って世の中に登場することが多いような気がします。

写真のモデルはフランスカラーのトリコロール刺繍が施された別注モデルになります。

探していくと掘り出し物に出会える可能性が有ります!!

⇩モジーンもミカエル同様のスタイリングに使えます。

 

ソールはメンズのミカエルと同じ『MARCHEⅡ』マルシェです。

ちょっとこだわりのモジーンでした。

『REIMS』ランス

太いモカシンとローファーには珍しい厚底ソールなので重厚感がありつつ、上品さも兼ね備えているのが『ランス』です。

ランスも履き込んでいくうちに、しわが刻まれて絶妙に反り返ってきてくれて味わいのある表情に変化していきます。

⇩カジュアルからドレススタイルまで幅広いスタイリングに対応出来ます。

ランスはボリューム感のある丸っこいフォルムが特徴です。

⇩ミカエル同様、可愛いソックスから無地のソックスまで大抵のものは合ってしまいます。

  

ひとつだけ注意点が有ります。

ランスはローファーなのでサイズ調節が難しいため、他のモデルよりも『1サイズ下』を選んで、かかとが浮かない様にジャストで履く事をお勧めします。

『ソール』

『MARCHEⅡ』マルシェ・・・パラブーツの中ではシンプルなデザイン型のソール。

お洒落なローファー、ランスでした。

『ARLES』アルル

アルルは、シンプルなプレーントゥデザインで飽きの来ない優れものなので、長く使える1足になると思います。

最初にご紹介したシャンボード同様、ドレススタイルにもバッチリ合います。

⇩プレーントゥはカジュアルからドレススタイルまで何でも合います!!

デニムパンツにカラーソックスを合わせて見たり、ドレスパンツにダークカラーのソックスで上品にまとめてみたりと、アルルのブラックは1足有るととても重宝します。

 

『ソール』

 

『GRIFFⅡ』グリフ・・・波型のパターンが特徴で、屈曲性に優れグリップ力が高い。

飽きの来ないベーシック、アルルでした。

『LANGEAIS』ランジ

牛革と山羊革のヌバックを組み合わせた、ドレッシーなストレートチップのアンクル丈ブーツです。

同色コンビの組み合わせなので、さり気なくお洒落です。

山羊革のヌバック部分は最初から柔らかいので優しく足を包んでくれます。

日本では、お目にかかる事が少ないですが、本国フランスでは広告になるくらいの人気商品です。

⇩ランジも、カジュアルからドレススタイルまで幅広いスタイリングに対応出来ます。

 

秋以降のお洋服にピッタリな万能ブーツです。

『ソール』

『GRIFFⅡ』グリフ・・・波型のパターンが特徴で、屈曲性に優れグリップ力が高い。

お洒落ブーツのランジでした。

 

パラブーツのまとめ

今回ご紹介の各モデルは、カジュアルからドレススタイルまで幅広く使えてしまうのが共通して言える事で、とても便利に使えるシューズになります。

日本の気候、ファッションシーンにも合う私の『フランス一押しブランド』になります。

ご購入の際、稀に白い粉の様に浮き上がって売られている場合がございますが、これはオイルをたっぷりと含んでいるレザーにロウで撥水加工が施されていて、レザーに含まれるオイル部分が表に浮き出てきている状態です。

パラブーツにはよくある現象で、拭いたり、クリームを塗れば白い部分は消す事が出来ます。

ここまでは大好きなパラブーツのご紹介でした。

②『repetto』レぺット

『Oxford Shoe Zizi』ジジ

レぺットの中での代表的なモデル『ジジ』

柔らかい山羊革と1点1点丁寧に職人さんが作ったシューズにはどこか温かみを感じます。

メンズモデルが有るのが嬉しいポイントで、セルジュ・ゲンズブールも愛用した『Zizi』ジジ。

スカーフを巻いてフレンチシックなファッションにもピッタリ合います。

メンズ、レディースともに、2センチのヒールが綺麗なホワイトがドレッシーな雰囲気を演出してくれます。

⇩メンズはデニムパンツに合わせてもお洒落。

 

⇩レディースはワンピースやスカートにもピッタリ。

 

ブリジット・バルトーさんやオードリーヘップバーンさんも愛用したレぺット。

街歩きにもぴったりで、1足有ると重宝します。

【2018’repetto】Paris

 

③『KLEMAN』クレマン

『PADRE』パドレ

最後にご紹介する『KLEMAN』クレマンは、フランスの公共機関などに靴を納入している老舗メーカーです。

パラブーツは、ちょっと手が届かないかなと言う方にお勧めのモデルです。

ミカエルに似ているチロリアンシューズは約2万円で買えてしまいます。

機能的にはパラブーツに劣ってしまう部分も有りますが、コストパフォーマンスは抜群のシューズです。

⇩パラブーツの様にデニムパンツに合わせるのがお勧め。

⇩丸っこいフォルムはソックスで遊んでもお洒落に決まります。

 

ソールは、滑りにくいラバーソールなので雨の日でも安心です。

値ごろ感のある『KLEMAN』クレマン。

是非チェックしてみて下さい。

簡単なお手入れ『お手入れって意外と面倒ですよね』

普段のお手入れは、定期的に汚れを落としてクリームを塗り、布で磨くの繰り返しだけです。

これだけでも十分綺麗な艶は出せます。

画像はハンズで買ってきたミニキットです。

クリームは『WOLY』か『M.MOWBRAY』を使っています。

後は、念のため防水スプレーを年に数回する程度です。

最後に

今回ご紹介した3ブランドは、お値段も高すぎず高級感を味わえる『Paraboot』、唯一無二の『repetto』、お買い得な『KLEMAN』。

ズバリ、一押しは全てのバランスが良い『Paraboot』パラブーツです。

フランスの高級靴は、『J.M.WESTON』も魅力的ですが、少々手が届きにくい位置なので、パラブーツはあらゆる観点からお勧めです。

魅力満載のフランス靴、宜しければ是非色々と味わってみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

お洒落な革靴『イギリス編』

⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

応援の1票を入れていただけると嬉しいです。


靴・スニーカーランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-

© 2021 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5