Lifestyle 都内のパン屋さん

【Comme'N(コム・ン)】九品仏のパン屋さん

ご覧いただきありがとうございます。

パリのパン屋さんが恋しい日々を送っている皆さんも多いかと思います。

そんな中、日本でとっても美味しいパン屋さんがオープンしました。

そのお店の名前は【Comme'N コム・ン】

パンの世界大会『モンディアル・デュ・パン2019』で日本人初の総合優勝した大澤秀一シェフのパン屋さんです。

2020年8月19日にオープンして以来、あまりの美味しさに通い詰める日々。

より多くの方々に知って頂けたら嬉しいです!

 

 

【Comme'N(コム・ン)】

①『パンドミ』

まずはイチ押しの『パンドミ』。

世の中で数あるパンドミの中でも、ダントツで美味しいです!!

ずっしりと重量感もありつつ、中はふわふわモチモチで切るのが難しいくらいの柔らかさです。

 

一口食べた瞬間に上品な甘みを感じ、噛むとお餅のようなモチモチ感。

私は、あまりの感激で最初の一枚は何もつけずに食べました。

それくらい美味しいです。

最初はトーストせずに、そのまま食べるのがおすすめです。

フカフカの羽毛布団のような『パンドミ』。

焼き立てに出会ったら即買いです!

暖かい『パンドミ』を持ちながらお家へ帰るのもプチ幸せです。

是非味わってみて下さい。

ちなみに、朝に焼き立てを買った『パンドミ』は、夜になってもモチモチ感は変わらず保たれていました。

翌日は、チーズを乗せてトーストにしてみました。

少し甘めのチーズトーストといった感じです。

 

②『G・バゲット』

コム・ンおすすめの『G.バゲット』は、お家でリベイクしてみてください。

『240℃に予熱したオーブンで2分』。

 

粗熱が取れたらカットします。

クラスト(外)はカリッと、クラム(中)はモチモチで暖かく、焼き立ての状態に近づけることが出来ます。

『G・バゲット』のGは、お店の発祥である群馬のGみたいです。

小麦の香りがよく噛めば噛むほど旨味が出る感じです。

シンプルにバターか、パリジャンのようなハムチーズサンドにしても美味しいです。

 

③『バゲット・ア・ラ・マン』

こちらも購入後にリベイク。

『240℃に予熱したオーブンで2分』。

『G・バゲット』に比べてクラム(中)部分の面積が広いので、よりずっしりとモチモチ感が楽しめる『バゲット』です。

小麦の甘みがお口いっぱいに広がります。

端の部分は、お煎餅のようにカリカリで香ばしく味わえます。

 

シンプルにバターで食べるのがおすすめです。

 

④『クロワッサンAOP』

『モンディアル・デュ・パン2019』でも披露された『クロワッサンAOP』。

フランス産のAOPバターを使ったクロワッサンは、外は見事にサックリ!

中は程よくしっとりふんわりとしていて、程よい甘さがお口の中に広がっていく感じです。

何個でも食べたくなるクロワッサンです。

 

⑤『パン・オ・ショコラ』

 

パリのパン屋さんで買うのを思い出されてくれるような、見栄えから素敵な完成度です。

表面部分がカリッとしていて香ばしく、チョコレートとの相性も抜群です。

中はチョコレートが2層、生地は『クロワッサンAOP』同様に程よくしっとりふんわり。

表面の香ばしさと、ふんわり中身に甘すぎないチョコレートがクセになりそうです。

 

⑥『パン・オ・セーグル』

ライ麦を60%使用した『パン・オ・セーグル』は酸味が少なくて、とても食べやすいライ麦パンです。

有塩バターとの相性が抜群なので、まずはバターで食べるのがおすすめです。

酸味が少ないのでジャムもとっても合いますし、ハムやチーズ、野菜を挟んでサンドウィッチにしても美味しいです。

 

購入当日は、そのままトーストせずがおすすめです。

翌日は少々乾燥していたので、トーストしたら香ばしくて美味しかったです。

 

⑦『チーズブリオッシュ』

ふんわりブリオッシュ生地の表面には、チーズがたっぷりで香りも豊か。

中にもチーズが入っているので、チーズ好きにはたまらない1品です。

 

ブリオッシュの食感と甘みと、チーズとのバランスがとても良くて、いくらでも食べれそうな感じです。

 

⑧『クリームチーズのクランレザン』

 

ハード系の小さなパンの中に、たっぷりと美味しいクリームチーズが入っています。

生地の香ばしさと、断面からあふれるくらいのクリームチーズが、クランベリーとレーズンの甘酸っぱさと相まって、爽やかな味わいがお口いっぱいに広がります。

こちらもチーズ好きの方には是非おすすめです。

 

⑨『お店で並んでから買うまで』

平日ですと、上の写真の様に少し並ぶ感じで、土日は平均で15人位が並んでいる感じです。

 

注文は、右側の窓際に沿って順番を待ちます。

思わず買ってしまいたくなるパンがたくさん並んでいますので、最初は迷うと思います。

 

迷っている間に焼き立てのパンが上がって来たりする時も有りますので、良い意味で誘惑にも注意です!

フランスのように買いたいパンを店員さんに告げて取って頂ける対面販売なので、清潔感も有り安心です。

注文を終えたら、お会計前の番号札を担当してくれた店員さんから貰います。

 

お店の左側にあるサンド部屋に沿いながらお会計の番号が呼ばれるのを待ちます。

 

お会計の場所には『コム・ンのエコバッグ』も売られています。

なるべく(マイバッグ)を持参しましょう。

以前は袋代がお会計に入っていなかったのですが、前回はレジで袋を聞かれて有料のようだったので。

参考までに!

 

まだまだ紹介しきれないくらい美味しいパンがたくさんあります。

日ごとに変わる『クリームパン』や、リーズナブルな『こしあんパン』なども、おすすめですので合わせてチェックしてみて下さい!

 

⑩『最後に』

【Comme'N(コム・ン)】の始まりから現在に至るまで、調べれば調べるほど、大澤秀一さんのパンに対する情熱と努力が伝わってきます。

朝早くから営業していただけるのがとってもありがたく、朝から焼きたての本格パンが食べれるのは、まるでパリに居るかのような感じです。

何度も行きたいと思える喜びを与えてくれた大澤さんをはじめ、スタッフの皆様に感謝しつつ、私はこれからも通い続けます。

パンがお好きな方は、本当に本当に美味しいので是非一度チェックしてみて下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【Comme'N】コム・ン

【住所】〒158-0083 東京都世田谷区奥沢7-18-5 1F

【OPEN】7:00~18:00、(火-水)定休日

【TEL】03-6432-4061

【東急大井町線:九品仏駅の改札を出たら、左へ徒歩20秒位で着く好立地です】

 

合わせて読みたい!
⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!

皆様の暖かい応援が日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票クリックを入れていただけると嬉しいです。


パン・サンドイッチランキング

にほんブログ村 グルメブログ パン屋へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-Lifestyle, 都内のパン屋さん

© 2024 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5