洋服

『お洒落ポロシャツ』~おすすめの5ブランドを解説~

ご覧いただきありがとうございます。

夏に大活躍のポロシャツ3大ブランド『ラコステ』『ラルフ・ローレン』『フレッド・ペリー』

更に、フレンチブランドの『メゾン・キツネ・パリ』『グラソン』を加えて細かくご紹介!

それぞれのポイントを解説していきますので、ポロシャツ選びの参考になれれば嬉しいです。

目次

①『Lacoste(ラコステ)』

②『Polo Ralph Lauren(ポロ・ラルフ・ローレン)』

③『Fred Perry(フレッド・ペリー)』

④『Masion Kitsuné Paris(メゾン・キツネ・パリ)』

⑤『Glaçon(グラソン)』

⑥最後に

①『Lacoste(ラコステ)』

   

ラコステのイチ押しポロシャツは定番の『L1212』(日本製モデル)

1933年に登場して以来、長年愛され続けている愛され続けている銘品です。

スーピマコットン100%の生地を使用しているので、滑らかな肌触りと上品な艶感が特徴で、型崩れもしにくく丈夫です。

⇩L1212のデザインと言えば、袖まわりのボリューム感と両サイドの浅いスリット。

   

このデザインが着る人を上品に見せてくれるのが最大の魅力!!

釦を全部止めて、きれい目に着用するのがおすすめです。

尚、お洗濯で縦に2~3センチくらいの縮みが発生しますので購入前の参考にして頂ければと思います。

⇩カラーバリエーションも豊富なL1212

様々なカラーが発売されていますので、お気に入りのカラーを見つけてみてはいかがでしょうか。

⇩更に詳しくは、こちらのブログも合わせてどうぞ!!

【ラコステ】L1212 フランス企画と日本企画の違い

日本企画以外のL1212もご紹介していますので、違いも知るとより面白いと思います。

⇩ラコステ公式サイト

https://www.lacoste.jp/

②『Polo Ralph Lauren(ポロ・ラルフ・ローレン)』

   

ラルフ・ローレンの定番ポロシャツは少しザラッとした素材が特徴です。

かつてアメリカ製のポロシャツが流通していた頃のモデルを忠実に再現されていると思います。

身巾に対して若干ウエストがシェイプされていて、サイドのスリットは前後差があるドロップテイル(後が長い作り)が特徴です。

ポロ競技の時に、インしたシャツの後ろが出やすい事から、長めに作られたディティ―ルでクラシックな雰囲気になっています。

ラコステとはまた違うデザインなので、着比べてみるのも違いがより分かるので楽しいと思います。

⇩ラルフ・ローレン公式オンラインストア

https://www.ralphlauren.co.jp/

③『Fred Perry(フレッド・ペリー)』

   

フレッド・ペリーのポロシャツは、ズバリM12『MADE IN INGLAND』イギリス製がおすすめ!

衿と袖に入った2本のラインが最大の特徴で、締まった印象を演出できるポロシャツです。

左胸のローレル刺繍もポイントになり、英国ブランドらしい気品も感じさせてくれます。

   

細かい部分では、前立てのボタンにはフレッド・ペリーのロゴが入っているオリジナルボタンです。

サイドのスリットは無しで、スッキリとした印象のポロシャツです。

サイズ表記はユーロ企画で(36)となっていますが、36がSサイズ、38がMサイズ相当になります。

かつても流通したイングランド製が現代でも買えるのは嬉しい限り!

東欧やアジアに生産拠点を移すブランドが多い中、今買えるイングランド製は貴重でもあります。

是非、お気に入りの一枚を見つけてみてはいかがでしょうか。

⇩フレッド・ペリー公式サイト

https://www.fredperry.jp/

④『Masion Kitsuné Paris(メゾン・キツネ・パリ)』

   

メゾン・キツネのポロシャツは何と言ってもトリコロールフォックスのワンポイント!

これだけで十分主張もしてくれて可愛いです。

デザイン面では、前立ての3つボタンが、他のブランドの2つボタンに対して異なるところです。

そのボタンにはメゾン・キツネのロゴが入ったオリジナルボタンになっています。

スリットは前後差のないベーシックなスリットです。

やや細身で着丈は長めなので、スッキリ細身のポロシャツになります。

⇩メゾン・キツネについて、詳しくはこちらのブログでもご紹介しています。

『MAISON KITSUNÉ PARIS』ファッション&カフェ

他のお洋服や、パリのカフェなどもご紹介しています。

⇩MAISON KITSUNÉ PARIS 公式サイト

https://maisonkitsune.com/jp_en/

⑤『Glaçon(グラソン)』

   

最後にご紹介の『Glaçon(グラソン)』は、1971年に創業したフランス(シャンパーニュ・アルデンヌ地方)のメーカーです。

有名メゾンや国内外の多くのデザイナーのOEM生産を請け負うグラソンは、細かい部分の作りがとても丁寧です。

デザインもフレンチブランドらしく、ラウンドカラーのポロシャツがお洒落!!

 

スリット部分も丁寧に始末されていて前後差のないベーシックなスリットです。

左胸のグラソンオリジナルのワッペンもポイントになってくれます。

着丈も長すぎずのわりに、アームホールは少しゆとりもあるので、着心地も抜群です。

日本でのお取り扱いは少ないですが、フランスの老舗ブランドおすすめです!

⇩『Glacon(グラソン)』こちらで探せます。

⇩日本代理店公式サイト
http://glastonbury-ltd.com/brands_page/glacon/

⑥最後に

夏に欠かせないファッションアイテムのポロシャツ。

それぞれのブランドによって、デザイン、素材感などまちまちです。

安心感のある定番ブランドとしておすすめの『ラコステ』『ラルフ・ローレン』『フレッド・ペリー』

ちょっとだけ定番と差を付けたい『メゾン・キツネ・パリ』『グラソン』

お気に入りの一枚を見つけて、夏のファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

⇩【ランキングに参加しています。】

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が日々の励みになりますので

下記のバナーから応援の1票を入れていただけると嬉しいです。


ファッションランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スタイリッシュな暮らしへ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-洋服

© 2021 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5