ファッション

『ル・スリップ・フランセ』お洒落アンダーウエア

『Le Slip Français』ル・スリップ・フランセ

フランスのお洒落アンダーウェアブランド。

2011年にギヨーム・ジボー氏が「伝統的でクールなものを再びクローズアップする。」をコンセプトにスタートさせた下着ブランドです。

生地は昔ながらの技法で育てられた地元の綿花を100%使用し、ゴムの縫製、ワッペン、パッケージにいたるまで、すべてフランス国内の工場と職人さんの手によって作られています。

フランスの国旗、青・白・赤のトリコロールカラーが取り入れられたアイテムは、オリジナリティ満載!!

セントジェームス、アニエス・べーとのコラボレーションを実現するなどブランドとして着実に進化しています。

MADE IN FRANCE

私は2012年に、パリ6区、サンジェルマン・デ・プレのお店で出会って一目惚れでした。

トリコロールカラーを施しているアイテムは、独自の世界観がダイレクトに伝わってきます!!

こだわりの『MADE IN FRANCE』 は、何処にもないお洒落アンダーウェアです。

ブランドスタート当初は、メンズのみの展開でしたが、近年ウィメンズのアンダーウエアもスタートしていて、店舗もフランス国内はもとより、あっという間に世界中へ広がっていきました。

 

今回は、パリ市内で訪問した直営店を中心に店舗を紹介していきます。

パリ旅行のお役に立てれば嬉しいです。

目次

  1. サンジェルマン・デ・プレ店(6区)
  2. パッシー店(16区)
  3. アベス店(18区)
  4. タンプル店(3区)
  5. ギョーム・ジボ―氏のスニーカー
  6. 最後に

①Saint Gremain des Slip(サンジェルマン・デ・プレ店)

サンジェルマン・デ・プレ店

最初に出会ったサンジェルマン・デ・プレのお店を中心にご案内します。

お店に入ると入口の床がトリコロールブリーフのタイルになっています。

店内は所狭しと可愛いアイテムがたくさん並んでいて、アンダーウエアだけでなく、可愛いルームシューズ、セーターなども有ります。

 

ブランドスタート時はメンズのみの展開でしたが、今ではウィメンズの展開もございます。

店内でメンズ、ウィメンズと半分ずつに分かれていますので、ご夫婦やパートナー同士で楽しくお買い物が出来ます。

コラボレーション企画

ル・スリップ・フランセは、ブランドスタート当初から、セントジェームス、アニエス・ベーなどと、お洋服のコラボレーションモデル企画も積極的に出しています。

セントジェームスとのダブルネーム企画も狙い目

⇩『無地のエルボーパッチとポケット、左袖のダブルネームトリコロールワッペンが』

 

⇩『冬には定番のマリンセーターとのコラボも』

 

ル・スリップ・フランセ らしくボタンの種類を変えているのがお洒落です!!

毎シーズン、コラボレーションモデルはとってもお洒落なのでおススメします。

オリジナリティー満載なので、他にはないお洋服です。

気になったお洋服は、店員さんも気さくに対応してくれますので、お店奥の広いフィッテイングで、じっくり選ぶ事が出来ます。

アンダーウエア

ボクサーパンツ、ブリーフ、トランクス、ソックス・・・

トリコロール好きな方は、ずっと見ていても飽きないと思います。

 

アンダーウエアは、一枚一枚可愛い箱に入っていますので、お土産に良いかもですね。

⇩クリスマスシーズンには暖かい手袋がウインドウに。

⇩夏にはトリコロール水着がウインドウに。

⇩『ル・ショコラ・デ・フランセ の可愛いBIOチョコレートも買えます』

サンジェルマンの店員さんは、とっても良い人ばかりです。

以前、サイズ切れの時、直ぐに近場に在庫が有るお店を調べてくれて、パッシー店を教えていただき、親切に行き方のメモまで書いてくれました。

『⇧今でも大切にしています。Merci !!』

とっても素敵な店員さんたちですので、6区へお越しの際は是非立ち寄ってみて下さい!!

小さな店内に、お洒落で楽しいアイテムがいっぱいのサンジェルマン・デ・プレ店でした。

【Saint Gremain des Slip】

20 rue du Vieux Colombier
75006 Paris

営業時間:10時~19時 定休日:日曜日

最寄り駅:メトロ4号線『Saint-Sulpice』サン=シュルピス駅、メトロ10号線『Sèvres Babylone』セーヴル=バビロヌ駅

②Passy blen qu'en Slip(パッシー店)

16区にあるパッシー店は、周りにもお洒落なお店が多く、治安も良い地区なのでゆっくりとお買い物が出来ます。

パッシー地区は、お買い物以外にもおすすめポイントが!!

パッシー駅から隣のビル・アケム駅まではセーヌ川を渡るビル・アケム橋がエッフェル塔の絶景ポイントです!!

 

メトロから見るのも良いですが、歩いて渡るともっと素敵なのでおススメです。

観光スポットも満載のパッシー店でした。

【Passy blen qu'en Slip】

1 rue Guichard
75116 PARIS

営業時間:月曜日:11時~19時 火曜日~土曜日:11時~19時30分 定休日:日曜日

最寄り駅:メトロ6号線『Passy』パッシー駅、メトロ9号線『La Muette』ラ ミュエット駅、RER©線『Boulainvilliers』ブーランヴィリエ駅

③Abbesses Ton Slip(アベス店)

モンマルトル散策に来たら、アベス店が近くに有ります。

近くには、バゲットがとっても美味しいル・グルニエ・ア・パンがございます。

『2010年、2015年バゲットコンクール1位』

 

是非美味しいバゲットも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

合わせておススメします!!

モンマルトルのアベス店でした。

【Abbesses Ton Slip】

46 rue des Abbesses
75018 Paris

営業時間:火曜日~金曜日:11時~13時30分、14時30分~19時 土曜日:11時~19時 日曜日:11時~13時30分、14時30分~19時 定休日:月曜日

最寄り駅:メトロ2号線 『Blanche』ブランシュ駅、メトロ12号線『Abbesses』アベス駅

④Le Tempel du Slip(タンプル店)

お洒落なお店が多数並ぶマレ地区、ヴィエイユ・デュ・タンプル通りにお店が有ります。

 

奥行きのある店内で、ゆっくりとお買い物が出来て、店内の装飾もお洒落で見ごたえの有る店舗です。

【Le Tempel du Slip】

137 rue Vieille du Temple
75003 Paris

営業時間:月曜日:11時~14時、15時~19時 火曜日~土曜日:11時~20時 日曜日:14時~19時

最寄り駅:メトロ8号線 『St-Sébastien Froissart』サン・セバスチャン・フロワサール駅

⑤ギョーム・ジボー氏のスニーカー

最後にプチネタです。

オーナーのギョーム・ジボ―氏は、VEJAのスニーカー愛用者でもあります。

宜しければ、『パリっ子に人気のスニーカーVEJA』のブログも見て頂ければと思います。

現代フレンチファッションは今『VEJA』が大人気です!!

『VEJA』パリっ子に大人気のスニーカー

⑥『最後に』

ル・スリップ・フランセ は、何処にもないオリジナリティー満載のアンダーウエアブランド。

トリコロールの世界が好きな方や、ちょっとまわりと差を付けたい方などに是非おすすめします!!

自分にしか見えないアンダーウエア部分もお洒落にしていくと、自己満足の世界にはなりますが、自然と外見のお洋服も今まで以上に気を使うようになり、相乗効果で全体がお洒落になるのではないかというのが持論でございます。

お洒落で上質なものは、アンダーウエアの概念を変え、より大切にするようになると思います。

少々お値段はしますが、日本でもここ数年、百貨店やセレクトショップなどでも出てきましたので、宜しければ一度手に取って見てみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Les sous-Vêtements préférés de la France!!

Merci.

お洒落ルームウェアでリラックスおうち時間

⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票を入れていただけると嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-ファッション

© 2021 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5