ファッション

『Le minor(ルミノア)』伝統のマリンボーダー

ご覧いただきありがとうございます。

フランス・ブルターニュ地方発、ボーダーカットソー『Le minor(ルミノア)』をご紹介します。

目次

①『Le minor(ルミノア)』について

②『バリエーション豊富なボーダーカットソー』

③『最後に』

①『Le minor(ルミノア)』について

フランス・ブルターニュ地方で1936年に創業。

高品質な製品は、フランス海軍にもウエアを供給していた過去もあります。

伝統のマリンボーダーカットソーは、フランス国内はもとより、ヨーロッパ諸国、アメリカ、日本など、永く着れる定番服として親しまれています。

肌さわりの良いコットン100%の生地を用い、反物から製品まで一貫して自社で生産しており、400色以上にも及ぶ豊富な色数の多さは随一と言われています。

②『バリエーション豊富なボーダーカットソー』

ルミノア最大の魅力は、豊富なデザイン!

ネックのデザインや袖丈のバリエーションは選択範囲が広がるので、嬉しいポイントです。

そんな中から、特にルミノアらしいデザインを本ブログでは厳選してご紹介します。

『定番ボートネック』

 

ルミノアの定番は、ボートネックが広すぎず、ネックも詰まりすぎていないので、とても着やすいのがポイント!

着丈は『SAINT JAMES(セントジェームス)』や『OCIVAL(オーシバル)』に比べて少し長めで、洗濯後の縮みもほぼないので、購入時も選びやすいと思います。

素材は割としっかりしていますので、着込んでいくうちに馴染んできて味わいも増します。

1枚あると何かと便利な定番ボーダーです。

 

『バックVネックボーダー(マドモワゼル)』

 

こちらのデザインは、前から見るとベーシックなクルーネックで、後ろがVネックになった、ちょっとデザイン性のある女性用のお洒落ボーダーです。

ダブルフロントタイプなので、その日の気分で前後を使い分けられるのも嬉しいところ!

もはや定番並みに人気のあるモデル『Mademoiselle(マドモワゼル)』は、やや細身のシルエットなので、ボーダー柄でもすっきりと見えるのがポイントです。

 

『変形ボートネック5分袖ボーダー』

 

広めのボートネック部分は、よく見ると前後で生地が重なり合っています。

こんなさり気ない所もこだわる、ルミノアならではのデザインです。

 

『ワイドシルエットボーダー』

 

薄手の素材でゆったりとしたシルエットは、夏に重宝するデザインです。

左裾に施されたピスネームもさり気なくて可愛いです。

 

『クレイジーボーダー』

 

ルミノアは、クレイジーデザインにも力を入れています。

日本では、特にTOMORROWLANDさんの別注シリーズが、どの組み合わせもとってもお洒落でセンスのよいものばかり!!

ちょっと大きめのシルエッツトですので、男女でシェアしても良いと思います。

是非チェックしてみてください。

③『最後に』

日本の中では、フランスの人気3大ブランドの一つに当たる『Le minor(ルミノア)』。

『SAINT JAMES(セントジェームス)』、『OCIVAL(オーシバル)』もそれぞれの良さがございますので、お気に入りのフレンチボーダーカットソーを見つけて、日々のお洒落を楽しんでいただけたらと思います。

伝統あるフレンチボーダーカットソーは、いつの時代も色あせること無く永く着れます。

着込めば着込むほどに愛着のわくフレンチボーダーカットソー、是非お気に入りの一枚を見つけてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

⇩『Le minor(ルミノア)』フランス公式ページ

https://leminor.fr/

合わせて読みたい!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-ファッション

© 2022 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5