Paris パン屋さん

パリ散策をしながら【のんびりお手軽パン屋さん巡り】

ご覧いただきありがとうございます。

本記事は、パリの【お手軽パン屋さん巡り】として、7区(ボンマルシェ百貨店)からスタート。

シテ島を渡り、オペラ地区まで歩いてパリ散策をしながら立ち寄れる、4件のパン屋さんとおすすめ商品をご紹介します。

焼き立てを買って近くで食べれる公園も合わせてご紹介していきます。

目次

【La Grande Épicerie de Paris(ラ・グラン・エピスリー・ド・パリ)】

まずはボンマルシェから!

日本の方にもお馴染みの【Le Bon Marché(ボンマルシェ百貨店)】より、とっても美味しい『クロワッサン』のご紹介です。

【Croissant(クロワッサン)】

 

ボンマルシェの食品館【La Grande Epicerie de Paris(ラ・グランド・エピスリー・ド・パリ)】のクロワッサンは、カリッとカラメリゼされていて、絶妙な甘さとバターの香りがなんとも贅沢な味わい!

コロッとしたフォルムの見た目も可愛らしい、少し大きめの『クロワッサン』です。

食品館でお買い物の後に、おやつで1個食べるなんていうのも良いかと思います。

 

お天気の良い日は『ボンマルシェ』の前にある(ブシコー広場)のベンチに座って食べるのが解放感もあっておススメです。

⇩『ボンマルシェ前のブシコー広場』

⇩『La Grande Épicerie de Paris』公式ページ(最新情報はこちらで確認出来ます)

https://www.lagrandeepicerie.com/fr/rive-gauche-restaurant

La Grande Épicerie de Paris

【住所】24 Rue de Sèvres, 75007 Paris

【営業時間】(月-土)8:00~20:00)、(日)10:00~20:00

【最寄り駅】メトロ⑩⑫『Sèvres-Babylone(セーブル・バビロヌ)』駅すぐ

 

②【SECCO(セッコ)】

ピンクが目印!

ピンクとブラウンのイメージカラーが可愛い【SECCO(セッコ)】はパリ左岸お洒落なエリアに7店舗を展開する『ブーランジェリー&パティスリー』。

セッコのおすすめは、お散歩中にも食べやすい小さめのヴィエノワズリー『パン・オ・ショコラ』&『パン・オ・レザン』

【PAIN AU CHOCOLAT(パン・オ・ショコラ)】

外はサクサク食感は弱めで、中はしっとりふわっとしています。

中にはとっても美味しいチョコレートが!

『ちょっとチョコレートは少なめですが・・』

セッコのチョコレートは甘すぎずの上品な味わいです。

小さ目サイズなので、外でおやつにピッタリのサイズだと思います。

【PAIN AU RAISINS(パン・オ・レザン)】

カスタードクリームの絶妙な甘さと、フルーティーなレーズンがとっても美味しい『パン・オ・レザン』。

バターもたっぷり風味が豊かです。

ちょっと甘めの『パン・オ・レザン』なので、甘いもの好きの方にはちょうど良いと思います。

7区にある『Varenne(ヴァレンヌ)』店は、ボンマルシェ百貨店からも近いので、お買い物の前後に寄れるので、おすすめの店舗です。

お店の近くには、ベンチに座って焼き立てのパンを食べれる公園もあります。

⇩ ヴァレンヌ店近くの公園です(下の地図内にも入っておりますので参考までに!)

【Square des Missions Étrangères(スクエア・デ・ミッション・エトランジェール)】

SECCO(Varenne)

【住所】31 Rue de Varenne, 75007 Paris

【営業時間】(月-土)7:00~20:00、(日)7:30~18:30

【最寄り駅】メトロ⑫『Rue du Bac(リュー・デュ・バック)』駅

 

③【Huré(ウレ)】

おススメは『バゲット』!

【Huré(ウレ)】は、日本の方にはあまり馴染みがないかと思いますが、パリ市内で3店舗を展開する『ブーランジェリー&パティスリー』。

ウレのバゲットは、2015年に入賞しているバゲットです。

2015年は【Le Grenier à Pain(ル・グルニエ・ア・パン)】が優勝していますが、実はこの【Huré(ウレ)】のバゲットも優勝こそしていないものの、とっても美味しいのです!

【Baguette Tradition(バゲットトラディション)】

 

『クラスト(外)』はパリパリ食感で、『クラム(中)』はフカフカモチモチで、しっかり詰まっています。

程よい塩味を感じながらも、噛めば噛むほどに小麦の旨味と甘みも感じられるので、何もつけなくてもあっという間に食べれちゃいます。

 

(ボンマルシェ方面)から歩いてきて、シテ島の(ノートルダム大聖堂)にほど近い、アルコル通りにある『créateur de plaisir-Arcole(プレジール・アルコル)』店が、左岸と右岸のちょうど中間点にあるので、位置的にも便利でおススメ!

とっても美味しいバゲットと、明るい店員さんが居る素敵なパン屋さんです。

お気に入りのパンを買って(ノートルダム大聖堂)を眺めながら、お散歩の休憩をしても良いと思います。

Huré (créateur de plaisir Arcole)

【住所】1 Rue d'Arcole, 75004 Paris

【営業時間】(月-土)6:30~20:00、(日)定休

【最寄り駅】メトロ④『Cité(シテ)』駅

 

④【Philippe Gosselin(フィリップ・ゴスラン)】

大きなパルミエは食べ応え抜群!

【GOSSELIN(ゴスラン)】は、パリ市内に3店舗を展開する『ブーランジェリー&パティスリー』。

オーナー職人の『フィリップ・ゴスラン』氏は、1996年と2002年にバゲット職人大会でグランプリになっていて、サントノーレのお店は、お昼時になると行列が出来る人気店です。

そんな人気のゴスランの穴場店舗が、9区の【コーマルタン店】。

オペラの中心地にも近く、ホテルが集まる通りにも面しているので、利便性が良く旅行者の方には特におすすめしたいです!

そのコーマルタン店でおすすめしたいのが『ショソン・オ・ポム』と『パルミエ』。

 

『ショソン・オ・ポム』は、発酵バターの香り豊かなサクサクのパイ生地に酸味は少なめの甘いリンゴが、パリ市内を歩き疲れた後などにピッタリだと思います。

『パルミエ』は、何と言ってもまず大きいです!

パリっと食感に程よい甘さのお砂糖が、こちらも疲れた体を癒してくれます。

2人でシェアするのがちょうど良いくらいと言ってもいいくらいの大きさで、コストパフォーマンスも満足の1品です。

是非機会がございましたら、ご賞味してみて下さい!

一番人気のバゲットを使った『ハムチーズサンド』もおすすめです。

GOSSELIN PARIS(Caumartin)

【住所】28 Rue de Caumartin, 75009 Paris

【営業時間】(月-金)7:00~19:30(土-日)定休日

【最寄り駅】メトロ③⑨『Havre Caumartin(アーヴル=コーマルタン)』駅、RERⒶ『Auber(オーベール)』駅

 

⑤『最後に』

本記事は『7区ボンマルシェ界隈から歩いてシテ島を渡り』『9区のオペラ地区までを歩きながら立ち寄れるルート』をイメージしながらご紹介しました。

少しでも、読んでいただいた皆様のパリ散策時のお役に立てれば嬉しいです。

日本では知られていないパン屋さんもたくさんありますので、何処に行ったらいいのかなぁなんて方もいらっしゃるのではないかなと思います。

パリのおすすめパン屋さんは、他の記事でも多数ご紹介していますので、宜しければ合わせて見てみて下さい!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい!
⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票を入れていただけたら嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-Paris, パン屋さん

© 2024 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5