Paris 街歩き、マルシェ

【モンマルトル散歩】おすすめスポット Part②

ご覧いただきありがとうございます。

モンマルトル散歩】Part②は『アンヴェール駅』『ブランシュ駅』周辺より。

おすすめスポットや動画も交えながらご紹介します。

お散歩気分で、ご覧になって頂けたら嬉しいです。

目次

①『モンマルトルの丘の階段』

モーリス・ユトリロ通り

 

モンマルトルの丘は標高130メートルありますので、階段や坂道がとっても多いです。

見下ろすパリ市内の景色は、モンマルトルならではの光景です。

美しい階段の通りは、その名も『RUE MAURICE UTRILLO(モーリス・ユトリロ)』通り。

モンマルトル生まれの画家の名前が付くなんて、なんて素敵な事でしょう。

階段を上りきれば、『サクレ・クール寺院』に導いてくれます。

この階段を下りると、近所には『A.P.C SURPLUS』アーペーセーのアウトレットショップがあります。

日本よりもかなりお安く購入出来るので、とってもおすすめのショップです。

次に、ご紹介しますので是非チェックしてみて下さい!

 

②『A.P.C Surplus(アウトレットショップ)』アンヴェール駅周辺

日本でもお馴染みの『A.P.C(アーペーセー)』

 

現地価格の30%~50%オフで購入出来ますので、日本よりもかなりお安いのでおすすめです。

A.P.C Surplus(アウトレットショップ)

【住所】20 Rue André del Sarte, 75018 Paris

【営業時間】(火-土)11:00~17:30、(日)12:00~17:30、(月)定休

【最寄り駅】メトロ②『Anvers(アンヴェール)』駅、徒歩7分

 

③『MARCHE SAINT-PIERRE(マルシェ・サン・ピエール)』アンヴェール駅周辺

老舗生地屋さん

 

パリのデザイナーさんたちも、良質の生地を求めて通う老舗生地屋さん『マルシェ・サン・ピエール』。

 

店内外には、色合い豊かな生地が所狭しと並んでいます。

生地以外にも、ボタンやリボンなども日本では出会えない珍しい物ばかりなので、特にお洋服好きさんには、作るモノを想像しながらワクワクしたひと時を過ごせると思います。

 

MARCHE SAINT-PIERRE(マルシェ・サン・ピエール)

【住所】2 Rue Charles Nodier, 75018 Paris

【営業時間】(月-金)10:00~18:30、(土)10:00~19:00、(日)定休

【最寄り駅】メトロ②『Anvers(アンヴェール)』駅、徒歩3分

⇩マルシェ・サン・ピエール公式サイト

https://www.marchesaintpierre.com/

 

④『モンマルトルの街並み』

坂道と階段が至る所にあるモンマルトル地区

 

街で出会った親子は、焼き立てのバゲットを片手に坂道を上がっていきます。

 

坂道を上りきるころには、持っていたバゲットは食べてなくなりました(笑)

パリらしい光景です。

 

とっても急な坂道や階段は息切れする場所も中にはありますが、写真に収めるととっても絵になるポイントも多いのがこの辺りの魅力でもあります。

 

なだらかなポイントからは、建物の間から遠くに『モンパルナスタワー』を望める通りもあります。

『モンマルトル、夜の街』動画

動画でもパトカーの音が聞こえますが、モンマルトル地区は治安があまりよくないので、昼夜にかかわらず手荷物に注意をし、夜間の外出はなるべく避けたほうが良いです。

昼間のモンマルトルの街並み

『サクレ・クール寺院』に向かう人たちで賑わいます。

 

⑤『MOULIN ROUGE(ムーラン・ルージュ)』ブランシュ駅周辺

フランス語で『赤い風車』という意味のムーラン・ルージュ

屋根の上には赤い風車があって写真に収めるのも良いと思います。

⇩ムーラン・ルージュ日本語公式サイト

http://moulin-rouge-japon.com/

 

⑥『カフェ・デ・ドゥ・ムーラン』(フランス映画アメリのカフェ)ブランシュ駅周辺

モンマルトルに来たら、一度は寄って頂きたい可愛いアメリのカフェです

『クレーム・ブリュレ』と『カフェ・クレーム』を注文すれば、気分はアメリ!

Café des Deux Moulins(カフェ・デ・ドゥ・ムーラン)

【住所】15 Rue Lepic, 75018 Paris

【営業時間】(月-金)AM7:00~AM2:00、(土-日)AM8:00~AM2:00

【最寄り駅】メトロ②『Blanche(ブランシュ駅)』、徒歩2分

 

⑦『ゴッホの家』ブランシュ駅周辺

ゴッホが、弟のテオと住んでいた家

 

ルピック通りにある『ゴッホの家』は、坂道と緩いカーブの道なので少々分かりにくいかもしれませんが、青い大きな扉が目印になります。

 

ゴッホの家

【住所】54 Rue Lepic 75018 Paris

【最寄り駅】メトロ②『Blanche(ブランシュ)』駅、徒歩7分

 

⑦『Le Slip Français(ル・スリップ・フランセ)』アベス駅周辺

フランス製のおすすめアンダーウエアブランド

現在は、アンダーウエア以外にも、可愛いルームシューズや、フランスブランドとコラボしたお洋服、スイムウエアなど幅広いコレクションが展開されています。

 

こだわりポイント満載のお洒落ブランドです。

Le Slip Français(ル・スリップ・フランセ アベス店)

【住所】46 Rue des Abbesses, 75018 Paris

【営業時間】(水-日)12:00~19:00、(日-月)定休

【最寄り駅】メトロ⑫『Abbesses(アベス駅)』、徒歩3分

 

⑧『モンマルトルの丘から見る、夜のエッフェル塔』動画

締めくくりは、モンマルトルの丘にある、おすすめスポットから見たエッフェル塔動画です

少し距離は有りますが、シャンパンフラッシュもしっかり見ることが出来ます。

 

⑨『最後に』

『モンマルトル』は、パリの中でも下町の雰囲気がいっぱいの魅力的なエリア。

丘から眺めるパリ市内の風景や、路地裏、坂道、階段、気取りすぎないレストランやカフェ。

近年では、お洒落なフレンチファッションのお店も『モンマルトル』に多数出店しています。

少々治安が良くないエリアでもありますので、気をつけながら楽しんでいただければと思います。

本記事が、少しでも皆様のお役に立てれば嬉しです。

素敵なパリ旅ができますように!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい!
⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票クリックを入れていただけたら嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。



Visited 1 times, 1 visit(s) today
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-Paris, 街歩き、マルシェ

© 2024 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5