Fashion ファッション

【repetto(レペット)】お洒落に使える定番バレエシューズ

ご覧いただきありがとうございます。

フランスのお洒落バレエシューズブランド【repetto(レペット)】。

数あるモデルの中から、男女問わず人気のモデル『Zizi(ジジ)』をご紹介します。

後半はパリの路面店もご紹介しますので、パリ旅の際には是非訪れてみてください!

目次

①【Repetto(レペット)】について

『Repetto(レペット)』の始まりは1947年。

パリ・オペラ座の近くに、ダンスやバレエシューズを専門としたアトリエをオープンします。

1959年には、パリ・ラぺ通り22番地に初のブティックを構えると、世界の一流ダンサーがダンスシューズやウエアを買いに訪れるようになります。

レペット独自の製法【スティッチ&リターン 】靴底を表裏逆の状態で縫ってひっくり返す製法です。

この製法を用いることで、しなやかな履き心地が実現しています。

レペットの代名詞と言えば、タウン用のバレエシューズ『Cendrillon(サンドリオン)』。

男性からも人気の高い『Zizi(ジジ)』など、今では日常のお洒落シューズとしても世界中で人気を得ています。

 

②【Oxford shoes Zizi(ジジ)】

 

『セルジュ・ゲンズブール』も愛した一足がこのバレエシューズ【Zizi(ジジ)】です。

レペット独自の(スティッチ&リターン製法)で作られたシューズ。

シューレースとデザインは、ジャズシューズからインスパイアされています。

 

ソールにはパットレザーを使用し、しなやかなヤギ革が優しく足を包み込んでくれます。

【Zizi(ジジ)】というモデル名は、創始者である『ローズ・レぺット』が、ダンサーであった義理娘の『ジジ・ジャンメール』のために、この靴をデザインしたことに由来します。

現代でも、普段着に使えるお洒落バレエシューズとして人気の【Zizi(ジジ)】。

シンプルなデザインは、幅広いスタイリングに使えます!

『Ziziを使ったスタイリング』
Femme

ピンストライプの大人なサロペットパンツの足下に【Zizi】。

ターバンやカラーソックスを合わせて、目指せお洒落上級者!

⇩『ドット、チェックに合わせてもお洒落です』

 

スカートやデニム等、着る物を選ばない万能シューズ。

 

たくさんのスタイリングが楽しめる【Zizi】。

是非お試し下さい!

 

Homme

ヴィンテージジーンズに【Zizi】。

ボーダーの中にはギンガムチェックのシャツをインして、ネイビーのジャケットを羽織れば、フレンチライクなキレイめカジュアルが完成します。

キャップを外しで被るのもお洒落です。

⇩『デニムは勿論、キレイめなスラックスにも使えます』

 

⇩『普段の何気ないカジュアルスタイルにも【Zizi】を履けば上品見えに!』

 

たまにはスニーカー以外で何か履きたいなと思ったら、是非チャレンジしてみて下さい!

きっとまわりとは被りにくい、お洒落さんになれるのではないかと思います。

 

③【パリのお店】

パリ市内には9つの直営店があります。

本ブログでは、可愛いディスプレイをはじめ【Repetto】の世界観を存分に味わえる、4つの路面店をご紹介します。

⇩【まずはココ!】

『パリ本店』~Opéra~

 

レペットの歴史を語る上で外せない『パリ本店』。

レペットの歴史を肌で感じながら、ゆっくりと選ぶことが出来る店内。

 

たくさん積み上げられたバレエシューズやドレスを見ながら、お買い物を楽しむことが出来ます。

オペラ駅からもすぐの場所。

パリに来たら、まずは本店に行くことをおすすめします!

Repetto ~Opéra~

【住所】22 Rue de la Paix, 75002 Paris, フランス

【営業時間】(月-土)10:00~19:00、(日)10:00~18:00

【最寄り駅】M③⑦⑧『Opéra(オペラ)』駅、徒歩2分

 

『パッシー店』~Passy~

 

16区・パッシー通り沿いにあるお店。

 

近隣には、お洒落なお店が点在しています。

『レペット』に立ち寄った後に色々と巡るのも楽しいと思います。

Repetto ~Passy~

【住所】36 Rue de Passy, 75016 Paris, フランス

【営業時間】(月-土)10:00~19:00、(日)定休日

【最寄り駅】M⑥『Passy(パッシー)』駅、徒歩5分

 

『マレ店』~Le Marias~

 

世界中からお洒落さんが訪れるマレ地区にあるお店。

『Merci』『JUNCO PARIS』『VEJA』『BRING FRANCE HOME』等、近隣にはおすすめSHOPがたくさん点在しています。

別のブログでもご紹介していますので、是非合わせて見ていただけたらと共に、色々と巡ってみてください!

Repetto ~Le marais~

【住所】51 Rue des Francs Bourgeois, 75004 Paris, フランス

【営業時間】(月)13:00~19:00、(火-土)10:00~19:00(日)13:00~18:00

【最寄り駅】M⑪『Rambuteau(ランビュトー)』駅、徒歩7分

 

『フール通り店』~Rue du Four~

私も大好きなパリ6区『サンジェルマン・デ・プレ地区』にあるお店。

 

近隣には『Poilâne』『Le Slip Français』『PIERE HERMÉ』『Hervé Chapelier』『PHILIPE AUDIBERT』等、おすすめスポットがたくさん!

こちらも別ブログでもご紹介していますので、パリ旅の参考にしてみてください。

Repetto ~Rue du Four~

【住所】51 Rue des Francs Bourgeois, 75004 Paris, フランス

【営業時間】(月-土)10:00~19:00、(日)定休日

【最寄り駅】M④『Saint-Sulpice(サン=シュルピス)』駅、徒歩2分

 

路面店以外ですと『ボンマルシェ』『BHV』『ギャラリーラファイエット』『プランタン』『サマリテーヌ』にお店があります。

是非、色々なパリの【Repetto】に足を運んでみてください。

④【最後に】

『Repetto(レペット)』には様々な歴史があります。

1956年、女優『ブリジット・バルトー』から(ダンスシューズと同じくらい履き心地が良くて、フェミニンでセクシーなバレエシューズを)というオーダーにより、ローズ・レペットが『Cendrillon(サンドリオン)』をデザイン。

映画『素直な悪役』で着用したことから、一躍世間の注目になり大ヒットアイテムとなります。

1970年代には『セルジュ・ゲンズブール』が、今回ご紹介もした白い『Zizi(ジジ)』を愛用し、ブランドのアンバサダーとして知られるようになります。

その後は、著名なデザイナーとも積極的にコラボレーションをし、『ジャンポール・ゴルティエ』『ヘルムート・ラング』『カール・ラガーフェルド』『イッセイ ミヤケ』『ヨウジ ヤマモト』『コム・デ・ギャルソン』『ミナ・ペルホネン』『ミュベール』等のコラボレーションも発売しています。

ダンスシューズとバレエシューズは、今も(フランス・ドルドーニュ地方)の工場で、職人さんの伝統技術により作られています。

一度味わうと、その履き心地の良さとしなやかさに、きっと満足していただけるのではないかと思います。

フランスの伝統バレエシューズ【Repetto(レペット)】是非チェックしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

⇩『Repetto』パリ公式ページ

https://www.repetto.fr/

 

合わせて読みたい!

 

⇩ランキングに参加しています。

ブログにお越して下さり、ありがとうございます!!

皆様の暖かい応援が、日々の励みになりますので

下記のバナーより応援の1票を入れていただけると嬉しいです。


フランス旅行ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ フランス旅行へ
にほんブログ村

どうぞよろしくお願いいたします。

Visited 3 times, 1 visit(s) today
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yoshi

東京とパリを行き来しながら、長年お洋服を作る仕事をしてきました。これまでの経験を生かし、トレンドに流されない『こだわりのお洋服情報』や、大好きな『フランスのお勧め&お洒落ライフスタイル情報』も交えて発信します。日々のお洒落生活に少しでもお役に立てれる事を目標に【きのこのファッション&パリBLOG】を始めました。女性、男性どちらにもご覧になって頂ければ嬉しいです。お洒落を楽しんで自分磨きをして毎日を楽しく!!一人でも多くの方に共感して頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

-Fashion, ファッション

© 2024 きのこのファッション&パリBLOG Powered by AFFINGER5